SW-102が返送されてきた

この続き。

SW-102というSWR計の表示がおかしい件、メーカに状況を伝えたところ「ファームウェアをバージョンアップするから送れ」という話になった。「...

誤解判明

その後のやり取りで、私が誤解していたことが判明。

私の理解:

  1. まず、現行版(V2.06)の新品を送ってくれる
    • 品代: 無料
    • 送料: 有料
  2. ファームウェアを修正後、私が送ったSW-102を返送してくれる
    • 品代: 無料(これは当然)
    • 送料: 無料(無料アップグレードキャンペーンのため)

向こうと話が噛み合わないところがあるので、提案を整理して確認したら、ちょっと違っていた。

  1. まず、私が送ったSW-102をV2.06にして送る
    • 品代: 無料
    • 送料: 無料
  2. ファームウェアを修正後、新しいSW-102を送ってくれる
    • 品代: 無料
    • 送料: 有料

まぁ、送料を一回分だけ払えばいいいうことは間違ってはいない。送料を払うタイミングが違うだけ。その送料を確認したところ、USD7~9程度でPayPal払いでOKとのこと。それならいいかと考え、提案を受けることにした。これが、1月20日。

一旦、まとめ。

  1. まず、私のSW-102をV2.06にアップグレードして返送してくれる。
  2. 新しいファームウェアができたら、新しいSW-102を送ってくれる。このタイミングで送料を支払い。

返送 → 到着

これまでのやり取りの翌日(1月21日)に、「22日に発送するよ」との連絡あり。

22日に発送したとの連絡とともに、トラッキング番号を知らせてくれた。

27日に到着。特定記録扱いで郵便受け投函。

動作確認

こちらから送る際はありあわせの箱に入れたのだけど、ちゃんとした箱に入って返送されてきた。

あれ?私が送ったものとは違う。指示された通りカバーと電池を外して送ったのに、まったくの新品が送られてきた。充電器とケーブルは入っていないけど、新品の本体とマニュアル付き。「これで間違いないよね?」とメールしたけど、春節休暇中だろうから返信はだいぶ先だろう。

測定結果は前と同じ。上は、100Ωのダミーロードを測った様子。

ソフトを修正すると言っているので、それを待つしかない。数カ月後の予定。


【追記】

春節休暇だろうと思っていたのだけど、予想外に、29日に回答が来た。意思の疎通が上手くできているのか不安ではあるが、現時点最新版(V2.06)で間違いではないようである。無料アップグレードサービスってファームウェアのアップグレードじゃなくて、本体交換ってことなのかな?ハード的な問題でもあったんだろうか?

いずれにしても、ソフトの修正街には変わりない。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク