NanoVNAを発注した

あちこちで話題のNanoVNA、ずっと我慢していたけど、eBayセールになっているのを見かけて、ついに発注してしまった^^

eBay⇒ NanoVNA


【追記】

今から発注するなら「シールド板付き」を明記している業者からの購入が良いと思う。

NanoVNAには色々なバリエーションがあるのは以前書いた通り。バリエーションのうち、特に気になるのがRF部のシールドの有無。私が入手したも...

まず、NanoVNAとは、その名の通り、小さなVNA(Vector Network Analyzer)。元々は、@edy555氏が開発・発表したもの。以前頒布されていたようだけど、すでに終了している。

これのクローンがAliExpressやeBayで大量に出回っている。しかも、測定周波数レンジが拡張されて。オリジナルでは0.1〜300MHzだったものが、クローンでは0.05~900MHzになっている。ソフトの方も改良されているらしい。

そして、我慢していた理由。

  • VNAはOSA103 Miniがある(100MHzまでだけど)
  • アンテナアナライザはFA-VA5がある(500MHzまでだけど)

要するに、今あるもので特段困っていないわけで…。

しかし、小さいし、単体で表示できるし(OSA103 MiniはPCが必須)、PCソフトのできが良いというウワサだし、そして何より、今が旬^^;

そんな中で、こんなセール情報を見かけてしまい、つい。

US$43.08はなかなか安いんじゃなかろうか(送料無料)。日本円で4600円くらい。本体の他に、ケーブルやキャリブレーションキットも添付されている。また、電池も入っているものを選んだ。

電池が入っていないものならもっと安く、$40を割っている。

いつ発送されるだろうかと思っていたら、すぐに発送したとの連絡が来た。

中国シンセンの業者のようだけど、Shipping carrierはUSPSになっている。米国経由で送られてくるのか?電池が入っているからだろうか?さて、いつ届くだろう?

ちなみに、NanoVNAは、AliExpressよりも、eBayの方がやや安い感じ。「nano vna」や「nanovna」で検索しても出てくるけど、「50KHz-900MHz Vector Network Analyzer」で検索するのが一番たくさん(≒一番安いもの)が見つかるみたい。

eBayで「50KHz-900MHz Vector Network Analyzer」で検索した結果⇒ NanoVNA

今見たら、US$22.99っていうものまである。

「with 500mAh Battery」って書いてあるので、電池も入っているっぽい。$43.08で安いと思って喜んでいたのに、さらに$20も安い。いきなり損した気分^^;

まだあるかどうかわからないけれど、US$22.99で出ていたリンクは⇒ こちら


【追記】

上記のUS$22.99の出品、申し込んだ方がいらっしゃって、その方からの情報によると、eBayのポリシに違反しており出品取り消しとなったとのこと(返金処理)。安いのは嬉しいけれど、安すぎるのにはやはり要注意。


先日、発注したNanoVNAが届いた。いや、届いたのは8月末、半月以上前。ハムフェアやら、キット頒布再開やらでバタバタしていたので放置状態だ...
NanoVNAを少しずつ弄ってみる。画面遷移が独特なように思う。使い方には慣れが必要な感じ。 参考サイト NanoVNAの使い方に関して...
NanoVNAはVector Network Analyzer(ベクトルネットワークアナライザ)であり、SパラメータのうちS11とS21の測...
NanoVNAには色々なバリエーションがあるのは以前書いた通り。バリエーションのうち、特に気になるのがRF部のシールドの有無。私が入手したも...
「NanoVNAを使ってみる」シリーズ、ここまででキャリブレーションとアンテナアナライザを見てきた。今回は、フィルタ等の通過特性の測定をやっ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. nyan750 より:

    もう届いだでしょうか? ファームアップ手順とかいろいろ書きました。よろしければご覧ください。
    http://nyan.ldblog.jp/archives/55831893.html
    PCWI01瞬殺で配布終了みたいですね。欲しかったんですが、、

    • jh4vaj より:

      色々と情報ありがとうございます。半月ほど前に届いていたのですが、ハムフェアがあったり、頒布再開の準備をしたりで、放置状態でした。ちょうど昨夜、ちょっといじり始めてみたところです。とりあえずは、アンテナアナライザ(S11)としての使い方を見てみたところです。操作体系がかなり個性的に感じられ、理解するのに時間がかかりました。簡単にぱぱっと使えるというものではなさそうに感じました。

      「倍の大きさでいいので画面が大きければなぁ」と思っていました。そしたら、NanoVNA-Fというのが出たんですね。正に思っていた通りのものです。悩みます^^;

      ファームウェアのバージョンアップも調べなきゃなと思っていました。助かります。ありがとうございます。

      PCWI01はスピーカが不足していたので発注しました。これが届けば、あと5台ほど頒布できます。おそらく、9月中には届くだろうと思います。その際はまた告知します。その後はわかりません。これ以上、需要があるのかが見通せないので。