PR

【頒布】DCPA03a – PC-CWキーイング USBインタフェース

以前頒布していたDCPA03ですが、頒布終了後も時折問合せを頂いていたこともあり、リニューアルしてDCPA03aとして頒布します。

この装置の用途は大きく分けて次の二つです。

  1. PCソフトによるCWキーイング
    • CTESTWINzLogでCWの送信を行う
    • 電鍵の操作だけでなく、PTTの操作にも対応
  2. メモリキーヤ(エレキー)のメモリへの入力
    • パドルエミュレータ「pedm」と組み合せてPCでメモリ入力する
    • パドルでメモリ入力を行う際の変な緊張感から開放される

リニューアルの内容は、チップ部品を実装済みにしたことです。

3.5mmのジャックを二つハンダ付けするだけで完成です。

前のDCPA03ではすべて自分でハンダ付けするキットでしたが、0.5mmピッチのICやMicro USBコネクタがあったり、そもそも部品点数が多く、組立ては結構大変でした。そこで、今回はチップ部品(USBコネクタを含む)を事前に実装したものとしました。

実装サービスの利用を前提にすると、使える部品が制限されます。そのため、実質的にすべて設計し直しました(基板サイズとジャック類の位置は変えていません)。

詳細と頒布申込みはこちらのページです。

お知らせ
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jh4vaj

コメント