CQ, QEX, HAM World

今日はハム関連雑誌の発売日。ポチる前に目次などをざっと眺めてみる。

まず、CQ誌。2022年6月号。

特集は「HFハイバンド運用ガイド」。太陽黒点の状況から今年はハイバンドのコンディションが良さそうっていう見込みなのかな?ポルトガルとかヨーロッパの西側とか、アメリカの東海岸は未QSOなところが多いので、期待したいところ。

CQ ham radio 2022年6月号

CQ ham radio 2022年6月号

990円(06/26 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

続いてQEX Japan No.43。

巻頭特別企画が「~日本製リニア・アンプ~ 1kW運用とその歴史」。面白そうではあるけど、個人的には縁がない。

Technical Sectionも「~MRF300A/B プッシュプル完成基板を使った~ ■ 50MHz モノバンド400W リニア・アンプの製作」とか「~日本独自のP球を使いこなす~ ■ 5P70 パラで作る7MHz AM 500W 送信機」と、今号はハイパワー推しか?

興味があるのは「~移動運用の季節に役立つお話~ ■ ワイヤ・アンテナ設置・調整のヒント」。

Amazonでのタイトルは「別冊CQ han radio QEX Japan No.43」になっている。「ham」ではなくて「han」なので、「ham」で検索すると見つからない。

別冊CQ han radio QEX Japan No.43

別冊CQ han radio QEX Japan No.43

1,980円(06/26 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後は、HAM World 2022年 07月号。

特集は「電波の出入口を強化して送・受信の実力アップ アンテナを選ぶ・建てる・活かす!」。これは面白そうかも。

他にも、「NanoVNAがあると作りやすい! 集合住宅用アンテナの製作」とか「DIY精神と工夫で1.9MHz帯にオンエアしよう」、「クランプコア(通称パッチンコア)の性能を改めて考える」と割と面白そうなのが並んでいる。

今回は買うならHAM Worldかな。

HAM World 2022年 07 月号

HAM World 2022年 07 月号

1,000円(06/26 04:01時点)
Amazonの情報を掲載しています