カーボンロッド直接給電アンテナ、アースを強化してみた

設置したカーボンロッド直接給電のバーチカルアンテナ、ローバンド(3.5MHzと1.9MHz)のSWRが落ちないのはアースが不充分なためかと考えた。その際のアースは、M6の全ねじ(ユニクロメッキ)。1m物を半分に切って50cmにしたものを四本。

今度は半分に切らずに1mのまま使ってみようと再度ホームセンタへ。ところが、その全ねじが大幅に値上がりしていた。こないだは150円くらいだったのに、210円(だったかな?)になっていた。それでも充分安いのだけど、ちょっと悔しい。

周りを見渡したら、インチ規格の物が格安で売られていた。W3/8の1m物(同じくユニクロメッキ)が、なんと、64円。前はなかったと思うのだけど。W3/8ってM6より太くて10mm近くある。アースに使うだけなのでインチでも良しとしよう。太い方が打ち込むときに曲がりづらだろうし。

前回同様、圧着端子を使って線を出す。ナット二つで挟んで固定。

LiteVNAで測定。まず、アースは50cm物二つ。これが基準。

前回と比べてあまり良くないけど、日によって違うので、今回はこんな感じ。

続いて、新設した1m物を一本だけ。

50cm物二本の方がちょっといいか?

続いて、1m物二本+50cm物二本。

うーん、ほとんど変わらない。誤差の範囲。

最終的には元の50cm物を四本に加えて新設した1m物二本のすべてをつないだ。

これで実際に運用してみたけど、アースを強化したことによる変化はほぼなし(予想通り)。3.5MHzと1.9MHzは相変わらずマッチングが取れないし、14MHzもダメ。

AT50でローバンドでマッチングを取るには、エレメントをもっと長くしないとだめな感じ。あるいは、ローディングコイルを入れるか?

14MHzが苦手なのは、エレメントの長さがちょうど具合が悪いのだろう。もっと極端に短くすればマッチングは取れたので。

このアース強化を行ったのは、連休中。この状態でしばらく使ってみた感じでは、以前から使っているCG-3000のロングワイヤと比べると、飛び・受け共にCG-3000の方が良い(主に10MHzと18MHzで運用)。と言っても、設置場所が違う(CG-3000の方は二階の屋根くらいの高さ)ので、建物の直ぐ側の地面直接のAT50+カーボンロッドの方が圧倒的に不利。それを考えれば、そんなものかとも思う(悪くはないという意味)。


先日入手したカーボンファイバ釣竿をアンテナとして使ってみる編。釣竿はAliExpressで買った物。呼称10m、実際は9.2m(これは販売...
昨日の時点で24MHzと3.5MHzではSWRが2くらい、14MHzもちょっと高めという状態だったので、エレメント長をちょっと焼成して試し...
ジェクス プロゼリーを入手 カーボン釣竿直接給電アンテナのジョイントに超音波検査用のジェルを塗ると抜き差しがスムーズになるらしい。し...