抵抗の実装、好みは縦?横?

(リード品の)抵抗を基板に実装する際、立てる・寝せるの二通りがある。これって、好みによるところも大きいんじゃないかと思って、Twitterでアンケートしてみた。

結果は、概ね1:2で寝せる派の方が多い。ご回答くださった皆様、ありがとうございます。

立てる・寝せるで、それぞれメリットがある。

  • 立てる
    • 実装面積が小さい(密度を上げられ、基板をコンパクトにできる)
  • 寝せる
    • カラーコードが見やすい
    • 足が短いので高周波特性では有利

デメリットは、それぞれ他方のメリットの裏返し。その他、立てた場合は高密度で実装したときに傾くと他の抵抗のリード線等とショートしてしまう恐れがある。そのようなところでは絶縁チューブを被せておく。また、それ用にリード線をコーティングしたものもある。

写真は、電子部品メーカの株式会社赤羽電具製作所のサイトから引用した。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 林 恒弘 より:

    今は寝かせることが多いですが、昔まだ学生だった頃はスペースがあっても立てて実装してたことがあります。
    理由はね、リードが短くならないから。あとで抵抗を外して再利用したい時に、寝かせて実装されていると両端が短くて扱いにくいんですよ。
    さらに縦実装の時には、抵抗のどちら側を長い方にするかも選んでました。
    片方がグランドだったりする場合には、グランド側を長くしてましたし、オシロでつまみたくなりそうな方を長い方にしたりとか。