NanoVNASaver 0.3.7 (NanoVNA-H4対応)

もうだいぶ前になるけれど、NanoVNA-H4をレビューした際に、「NanoVNASaverと接続するにはちょっとした工夫が必要」と書いたまま放置していた。というのも、あの記事を書いた数日後にNanoVNA-H4に対応したNanoVNASaverがリリースされたため。その前の版で使おうとしたら、「Pythonの環境を用意して」というところから始めなきゃいけなかったのだけど、対応版が出たので何もする必要がなくなった。で、ついついそのままに…。

今更感が無きにしもあらずだけど、さっと紹介。

ダウンロード

NanoVNASaverはこれまで通り、GitHhubから入手できる。

0.3.xからはリリースしている人が変った。以前は、つまり、元々の開発者はmihtjelさんだったのだけど、0.3.xからはzarathさんがリリースしている。どういう経緯なのかは知らない。NanoVNASaverのページ自体は変っていない。完全に引き継だのかな?0.3.3のリリースノートに次の文章がある。

Nearly all code changes by @zarath and @MZachmann, so please no complaints to @mihtjel.

余談ながら、0.3.xの主な目的は、

Support for S-A-A-2 / NanoVNA V2

ということだと思う。そのついでに、H4も対応した、と。

現時点での最新版は0.3.7。

下の方に行くと各OS用のパッケージ(用のリンク)がある。

必要なものを持ってくる。Windows 64 bit版なら「NanoVNASaver.x64.zip」

使い方

ZIPファイルを展開すると、実行ファイルが一つだけ入っている。

これを起動すればNanoVNASaverが立ち上がる。インストール作業などはない。この辺りは以前の版と同じ。

使い方も、基本的に以前と同じ。過去に書いたNanoVNASaver関連の記事一覧はこちら。

https://www.jh4vaj.com/archives/tag/nanovnasaver

実際にNanoVNASaverにNanoVNA-H4を接続して動かしてみた様子。

以前の版ではNanoVNA-H4の画面キャプチャが上手く行かなかった(解像度が異なっているため)。0.3.7では上のようにちゃんとキャプチャできる。

また、安定性も向上している感じ(あまりクラッシュしない)。それと、以前は周波数の補助単位(kやM)は大文字小文字を正確に入力しなければならなかったけど、ここは「いい加減(lazy)」に変更されたのがちょっと嬉しいかも。

主だった変更点

0.3.3~0.3.7のリリースノートから目についたものを拾っておく。

0.3.3

  • Support for 202 Datapoints/scan with NanoVNA-H
  • Support for attenuator at S11

0.3.4

  • Add Antenna Analysis

0.3.6

  • sweep worker now initializes full dataset on setting changes
    Therefore no resize of charts when doing multi segment sweeps
  • changing datapoints in DeviceSettings are reflected in SweepSettings widget step size
  • added MagLoopAnalysis

0.3.7

  • Added a delta marker
  • Segments can now have exponential different step widths (see logarithmic sweeping)
  • More different data points selectable (shorter are useful on logarithmic sweeping)
  • Frequency input is now more “lazy”
    10m, 50K and 1g are now valid for 10MHz, 50kHz and 1GHz
  • Added a wavelength field to Markers

NanoVNA-H4については、こちら。

NanoVNAの4インチ画面版「NanoVNA-H4」をBanggoodさんから提供を受けた。結論から書くと、これはいい! ...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク