ハムフェア2016に行ってみた

前売り券を買っておいたハムフェアに行ってきた。台風の影響があって大雨警報が出ていて、実際ドシャ降りだったので怯んでたけど、昼くらいに雨が上がった。会場に着いたときには快晴(と言っていいのかな?)。

Ham_ Fair_2016_01

13:30頃と遅めに会場に着いたわけだけど、当日券売り場は長蛇の列。

Ham_ Fair_2016_03

一方、前売り券の引換え所は待ち人数ゼロ。

Ham_ Fair_2016_02

前売り券を入場券に引き換えて、そのままスムーズに入場。前売り券の効果絶大(笑

ハムフェアは数十年前に一度だけ行ったことがある。どんなんだったかは完全に忘却。で、実際に入ってみたら、クラブ局のブースがぎっしり。ほとんどのところはジャンク品売り場と化している。秋葉原でも見かけなくなったようなジャンク品がわんさか。ここまでのとこでは、ハムフェアとはジャンク市のことかって感じ。

そんな中に、往年のトリオの無線機の愛好家のグループがあった。懐かしのカタログをたくさん置いてあった。最初の開局当時に使っていたJR-310、TX-310、SP-10のカタログもあったので、写真に撮らせてもらった。

Ham_ Fair_2016_04

事前情報で、アイコムが新製品を発表していると聞いていたので見に行った。IC-7610という型番。

Ham_ Fair_2016_05

背面は鏡に写ったもの。

Ham_ Fair_2016_07

Ham_ Fair_2016_06

写真には撮らなかったけど、IC-7851というハイエンド機も展示デモしていた。気になるお値段は110万円(税別)、受注生産。サイズもでかいので、重量を聞いてみたら25kgだそうで、梱包材がさらに10kg、合せて35kgとのこと。「二人で持つように」との注意書きがあるらしい。

ケンウッドのブースでは、いろんなリグの受信体験ができた。TS-590を試してみたが、その無線機そのものよりも、アンテナがどうなっているのか気になって聞いてみた。写真に写っている第一電波工業のHFV5というアンテナを屋外に設置しているとのこと。でも、同軸を100mくらい引っ張って、さらに、分配器を通しているそうで、これじゃ聞こえるものも聞こえないだろうに。というか、そんな状況でもしっかり聞こえていたので、無線機が優秀ってこと?

Ham_ Fair_2016_08

そのケンウッドのブーズでは、一時間ごと(?)にクイズラリーをやっていた。参加してみたけど、これが案外難しい。その辺にズバリ答えを書いているとか、そんな茶番ではなかった。

メーカブースも一通り見て、もう一度クラブ局のブースを覗いてみたら、もはやビール片手のところがチラホラ。ま、お祭りですな(笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク