WSJT-X 2.0-rc5、JT9モードがバグってる

WSJT-X 2.0-rc5でJT9モードにしてCQを出してみたら、動きがヘン。途中で送信が切れる。FT8モードと同じ送信時間分しか送信していないっぽい。

右上の自分の送信記録を見ると、FT8で送信している(「~」マーク)。

上のキャプチャ画像が実験結果。123055がFT8でCQを出したもの。その後、JT9モードに切り替え。123300のタイミングはJT9で送信するはずだけど、FT8で送信していることがわかる。送信時間も約13秒。

どうやら、FT8からJT9に切り替えても、上手く切り替わっていない様子。JT9+JT65モードではこのようなことは起きない。JT9で送信してくれる(「@」マークになる)。

JT9+JT65モードでJT9になった後に、JT9モードに切り替えた場合はそのままJT9で送信される。FT8からJT9に切り替えた場合だけおかしいみたい。


【追記】

JT65モードも同じ現象。

WSJT-X 2.0-rc5、FT8で運用していて、JT65モードに切り替えてもFT8のまま送信してしまう。 JT65モードにしても、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク