WSJT-X 2.0-rc3をインストール、早速バグ出現

10月15日にリリース予定だたったWSJT-X 2.0-rc3、少々遅れたもののリリースされた。

早速、ダウンロードしてインストール。

Windows Defenderに引っかかるようになっていたので、「詳細情報」を開く。

「実行」。

インストールが終って、WSJT-Xを起動。

ありゃ、エラーが出る。LoTW絡みっぽい。とりあえず、「OK」。

今度の版の有効期限は11月30日。

一応、普通に起動する。

しかし、なんだか、色が1.9.1に戻った感じ。先程のエラーが関係しているのかもと思い、WSJT-Xを再起動してみた。が、同じエラーが出る。画面の様子も変らず。

とりあえず、設定を見てみる。

Colorsが大幅に変っている。色分けはチェック式になっている。1.9.1に戻ったような感じだったのは、それ相当のものしかチェックが入っていないためのようだ。色数が多すぎて不評だったのかな?好みに合せられるようになっている。とりあえず、全部チェックしてみる。

この中の下の方、起動時にエラーを出していたLoTW関連ファイルのURLがここで指定されている。これを起動時に上手く取得できないのだろう。「Fetch Now」があるので、押して手動取得をやってみる。

これでも同じエラー。うーむ…。一旦、保留。

Advanedタブはrc2と変らない様子。

FT8 messaget typesがrc2のときと変っていないので、1.x形式もサポートされていることがわかる。

ちょっと戻って、先程の、LoTW関連ファイルのダウンロードエラー。URLが間違っているのかと思い、コピーしてWebブラウザでアクセスしてみたら何事もなくダウンロードできた。このファイル、きっと、WSJT-Xのインストールディレクトリに置けば良いんだろう(本来なら自動ダウンロードされて、そこに置かれるのではないかと)。「File」→「Open log directory」でフォルダを開き、ここにダウンロードしたlotw-user-activity.csvをコピーした。

しかし、色分けは変らない。

ひょっとして、WSJT-Xの再起動が必要?試しに起動し直したら上手く行った。

デコードの文字が黒と茶とで色分けされている。

rc3のリリースノートは出ていないようなので、この他に何が変ったのかはわからないけど、まぁ、rc2の「Fortran runtime error」はきっと治っているだろう。

WSJT-X 2.0-rc2をインストールしてみた。 その前に、2.0の概略はこちらの記事。 画面など まず、起動時のメッセージ。...

【追記】

rc3のでの変更に関しては、「Quick-Start Guide to WSJT-X 2.0」の後半にあった。通常のQSOに関して影響があるものは少ないみたい。


【追々記】

2.0-rc4がリリースされた。

WSJT-X 2.0-rc4が予定通りリリースされた。詳細と入手は下の公式サイトで。 今回からはFT8での1.9.x形式はサポートされ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク