WSJT-X 2.0-rc2、インストール、Fortranエラー、偽デコード

WSJT-X 2.0-rc2をインストールしてみた。

その前に、2.0の概略はこちらの記事。

【追記】 WSJT-X 2.0の正式版がリリースされた。 【追記ここまで】 WSJT-X 2.0のリリースケジュールが公式ペー...

画面など

まず、起動時のメッセージ。

このバージョンはベータレベルのRC版であり、10月31日までしか使えないとのこと。

立ち上がったウィンドウでパッと目につくのは中央部。送信周波数を受信周波数に一致させる(またはその逆)が矢印のボタンになりわかりやすくなった点。これくらいかな?ウォータフォールの方は変化なさそうなので略。

続いて、設定画面。目に留まったのは、色分けがカラフルになったこと。慣れるのにちょっと時間がかかるかもしれないけど、便利そう。

Advancedの項目が増えている。FT8絡みは、1.9.xとの互換性関連だろう。「Always generate 77-bit message」「Decode only 77-bit message」にチェックを入れると2.0のFT8だけを使うようになると思われる。チェックを入れなければ(デフォルト状態)、1.9.xを使っている局ともQSOできるはず。なので、普通に使うならチェックなしのままで。2.0形式で使うなら専用の実験周波数が推奨されている(7.078 or 14.078 MHz)。なお、将来的には2.0形式に一本化されることになっているので、このチェック項目はなくなるのだろうと思う。

また、Special operating activityも項目が増えている。ここにリストアップされているコンテスト専用モード(と理解している)。通常使用ではNoneのままで。

Subprocess Error

起動したまま、ニ、三日ほっといたらエラーが出ていた。

初めて見る。

「Show Details…」をクリックしてみた。

メッセージを抜き出した。

Running: C:\WSJT\wsjtx\bin\jt9 -s WSJT-X -w 1 -m 3 -e C:\WSJT\wsjtx\bin -a C:\Users\xxxxx\AppData\Local\WSJT-X -t R:\temp\user\WSJT-X
At line 41 of file C:\Users\bill\src\k1jt\wsjtx\lib\ft8\encode174_91.f90
Fortran runtime error: Bad value during integer read

なんだ?「Fortran runtime error」って…。調べてみたら、開発者メーリングリストにこのエラーの話題が上がっていた。

ま、正式リリース前の版なので、こういうこともあるんだろう。そいうバグつぶしのためのテストリリースなわけで。

ともかく「OK」を押す。他に選択肢がないので。そしたら、WSJT-Xが閉じてしまった。ニ、三日ほっといたのは、ノイズを拾って偽デコードの様子を見ようと思っていたのに。それなりに捕まえていた偽デコードが失われてしまった…。

偽デコード

ということで、改めてWSJT-X 2.0-rc2を立ち上げて二日ほど。

無線機の電源は切ったまま。なので、電波の受信はせずに、何らかのノイズを拾った状態。それなりにゴミをデコードしている。1.9.1と比べて減った気はしない。すべて-24dBな点も変らず。

こちらの記事、1.9.1での様子。

台風の影響を下げるためにアンテナを下ろしてからそのままになっているため、ここのところは運用は休止状態。無線機の電源は切ったまま。 そんな状...

2.0ではfalse-decodeが大幅に減ったことになっているが、少なくともこのゴミでコードに関しては、変った様子はない。


10月15日にリリース予定だたったWSJT-X 2.0-rc3、少々遅れたもののリリースされた。 早速、ダウンロードしてインストール。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク