デジタルマルチメータで電流が測れない?

uBITXのディスプレイの電流を測ろうと思ったのだけど、手持ちのデジタルテスタ(デジタルマルチメータ)をmAモードにして電源とに間に挟んでみるけれど、どうやっても測れない。接続すると何やら数字は出る、というか、でたらめな値がちらついたりする。「あれ?テスタ、壊れたか?」と思ってVモードにするとこんな具合にそれらしい値がちゃんと表示される。

ちなみに、これは、ALINCOのDM-330MVのプリセット電圧。13.8Vじゃない。ま、誤差の範囲だからどうでもいいが。

話を戻してテスタ。電圧は測れるんだから、テスタそのものが壊れたわけではないはず。

じゃ、電流モードが壊れた?そんな壊れ方するのかなぁ?アナログテスタとは構造が違うのでいまいちピンとこない。試しにコンデンサを測ってみたら、こっちもおかしい。ちなみに、抵抗は測れた。電流モードと、キャパシタンスモードの故障?うーん…。

そういえば、テスタって中にフューズが入っている。ひょっとしてそれが飛んだ?

ガラス管じゃなくて、中が見えないので目視では切れているかどうかはわからず。何だろ?セラミック?ともかく、導通をチェックしたら切れてた…。なんだ、こいつのせいか。

一応、定格通り(250V 200mA)のフューズを入れてみた。普通のガラス管のもの。問題ないだろうとは思うが、ちょっと気にはなる。

これで、無事、測定できた。

フューズが飛ぶようなことをやったつもりはないけど、気づかずに何かやらかしたのかな?ま、おかげでテスタは無事だったみたいなので良かったということにしておく。

考えてみれば、電圧モードではテスタ内にはほとんど電流は流れない。なので、フューズで保護する必要はないか。抵抗モードでは内部の電池を使っているわけだから、こっちも大電流が流れることはない。じゃ、コンデンサが測れなかったのはなんでだろ?ま、ともかく、今回は「フューズが飛ぶと、電流とキャパシタンスが測れなくなる」ということを学習した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク