WSJT-X 2.0への道

WSJT-X 2.0のリリースケジュールが公式ページで発表された。

http://www.physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx.html

こちらのページの下半分の「WSJT-X 2.0 is a major upgrade」のところ。

そして、新機能を解説したドキュメントがこちら。

http://www.physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/New_Features_WS…

ザザっと眺めると、このバージョンアップでは主にFT8とMSK144の改善(変更?)。

  • 情報ペイロードが77ビットに拡張される(現状のFT8は75ビット、MSK144は72ビット)
  • CRCのビット長も拡張される
  • FT8のデコード感度が若干改善され、偽デコードが大幅に低減される
  • MSK144のデコード閾値が1dB高くなる

現バージョンでもFT8 DXpeditionモードという特殊モードがあるが、2.0でのペイロードの拡張によってさらに複数のモードが追加される。

他にはWSPRのデコード感度が1dB上がる。

その他のプロトコル(JT4、JT9、JT65、QRA64、ISCAT、Echo、FreqCal)には大きな変更はないとのこと。

デコード画面も色分けが増えるそうだ。

さて、ここからが重要。

FT8とMSK144は大きく変るため、現行のプロトコルとの互換性がなくなる。つまり、バージョン1.9.1以下のものとの通信ができなくなるということ(おそらく、(現行の)JTDXのFT8とも通信不可)。これを踏まえて、移行スケジュールが発表されている。

  • 2018/09/17: -rc1(廃止日: 10/31)
  • 2018/10/15: -rc2(廃止日: 11/30)
  • 2018/11/12: -rc3(廃止日: 12/31)
  • 2018/12/10: GA WSJT-X 2.0完全リリース

-rc1と-rc2はFT8の現行版と新版の両方のプロトコルをサポート。-rc3で現行プロトコルを廃止し、新プロトコルだけになる。トラブルを避けるため、新プロトコルの実験は7.078MHzと14.078MHzを推奨(この二つだけ)。

MSK144は最初から新プロトコルだけの模様。こちらの実験周波数は、50.380MHz(IARUリージョン1)、または、50.280MHz(リージョン2および3)。

さて、どうするか?

新しいものを早く使ってみたいとか、ベータテストに協力したいとかでなければ、当面は様子見が無難か?-rc3以降は1.9.1のFT8と互換性がなくなることを考えると、1.9.1は削除せずに、そのまま残しておくべきかと。となると、2.0.0-rc1を使ってみるにしても、両方併用?それはそれで面倒…。


続き

WSJT-Xの公式ページを見たら、2.0-rc2がリリースされていた。以前の予定だと、rc-2は10月15日にリリースとのことだったのだけど...
WSJT-X 2.0-rc2をインストールしてみた。 その前に、2.0の概略はこちらの記事。 画面など まず、起動時のメッセージ。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク