KT-8900用の操作周波数範囲変更ソフトが見つからない

結局、KT-8900は手元に残ったわけで、ならば、どうにか保証認定を受けたい。そのためには、操作周波数範囲を日本のアマチュアバンドに合せて制限することが必須。これまでのところ、入手できたソフトや、汎用ツールのCHIRPでは上手くいっていない。

QYT KT-8900を発注 KT-8900、どうにも気になったので発注した。周波数範囲の設定ができいないことは気になっていたが、CHIR...

とは言え、上の記事に書いたように、UV2B8900_VIP_CPSというソフトウェアならそれができるらしいので、それを手がかかりに探してみることにした。

どうやるかと言えば、eBayでKT-8900用のプログラミングケーブル(CD付き)を販売している業者に片っ端から質問を送る。質問の内容は「CDの中にUV2B8900_VIP_CPSというソフトウェアは入っているか?CD内のソフトウェア一覧を見せてくれないか」というもの。目的のものが見つかれば買おうという算段。

いざ、「KT-8900用」で探してみると、思ったよりも販売者が少ない。そこで、KT-8900Rなどにも範囲を広げる。いくつかのモデルでケーブル自体は同じというものがあるようなので、ひょっとしたら、それに添付のCDにKT-8990用が入っているかも知れないという考えから。

送ったのは数十カ所。直ぐに返事をくれたところもあるし、時間がかかったところもある。返ってきた回答は、「販売ページを見ろ」とか、販売ページに掲載している仕様のコピペとかがほとんど。こちらの質問の意図を理解していない様子。要は、自分が売っているものが何だかわかっていないのだろう。もちろん、中にはこちらの質問の意図を理解してCDの中身の一覧(エクスプローラで開いた状態の画面キャプチャ)を送ってくれたところもあった。そういう意図を理解してくれたところでは、同じコピペ回答というのはなかった。しかし、残念ながら目的のものは一つも見つからなった。

わかったことと言えば、たくさんの業者が出品しているようだけど、実体は同じ業者が複数のアカウントを使っているのではないかということ。返ってくる回答が同じものがたくさん、しかも、ほぼ同時(連続して)送られてきたから。一人の担当者が届いた質問を順次さばいている感じを受けた。販売業者は別だけど、下請け(?)が同じということかも知れない。

eBayではこんな感じだったので、AliExpressにも範囲を広げてみたが、こちらでも見つからず。ただ、こちらは、同じ回答が複数業者から来ることはなかった。また、回答もeBayでの業者よりも全般的に丁寧で、かつ、回答も早いという印象。見つからなかったことには変わりないけど、受ける印象が違う。

さてさて、困った。


【追記】
メーカのサポートにもメールしてみた。こちらではソフトウェアの名称を挙げるのではなく、「操作周波数範囲を制限したい。日本では、法律上、そうしないと免許を受けられないので」みたいに書いて。しかし、数日待っても回答なし。再度、メールしたけど、やっぱりダメ。無視されている状態。

スポンサーリンク
スポンサーリンク