おしゃもじマイクの修理、その3

前回の修理で、PTTのところのスポンジゴムがへばっているという話を書いた。

KENWOODのおしゃもじマイク、PTTスイッチがグニャグニャして、押した感覚も小さく何だかへん。開けてよくよく見たら、PTTのマイクロスイ...

そうしたところ、代りにボールペンのバネを使っているという情報をTwitterで頂戴した。

なるほど。いいアイデア。真似しようとインクの出なくなったボールペンを探したところ、ちょうど一つ見つかった。

早速、ばらして、マイクのPTTのところにはめ込もうとしたのだけど、そのスプリングがちょっと大きめのようで、上手いこと収まってくれない。困った。

せっかく、ばらしたので何か代りのものはないかと考えてたどり着いたのが、IC用の導電スポンジ。スポンジゴムほどの弾力性はないけど、試してみることにした。適当な大きさに切って、両面テープで貼り付け。

弾力性が強くないのでだいぶ軽い感じのPTTになった。でも、なかなかいい感じ。へばったスポンジゴムよりは遥かにいいし。これでOKということにしよう。

他にも、ちょっと厚めの緩衝材とかも使えそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク