QSOパーティにFT8で参加してみた

QSOパーティに参加してみた。数十年ぶり。

せっかくなので、普段よく使っているFT8で(バンドは40m)。

レポートと名前をどうするか?

QSOパーティではRSTレポートと名前の交換が規約で決められているが、これがデジタルモードではネック。

レポートに関しては、デジタルモードのS/Nレポートでも良いことをJARLに確認したというブログ記事があった。

デジタルモードによるQSOのデータをQSOパーティのログシートへ記載する方法
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/04a0f03b2c

名前はどうするか?前夜にTwitterでちょっと情報交換。「OP 名前 73」がスマートかなと言う結論というか、そんな感じ。それが取れなかったときには「UR NAME?」。

そういう事前情報を頭に入れつつ、ワッチしながら運用スタイルを決めていくことにする。

以下、運用して気づきのメモ。

CQ

CQ NP コールサイン GL

このスタイルが問題なく運用できる形式。

CQ NYP コールサイン GL

これだとメッセージが長すぎてGLが送信されない。二文字コールなら大丈夫?

しかし、

CQ NYP コールサイン

だと、相手のソフトが上手く反応できないようで、CQを出し続けてもまったく応答がなかった。

また、

CQ コールサイン NYP

でもWSJT-Xでは反応できないようで、そういうCQに対してダブルクリックしたみたけど、何も反応しなかった(呼出送信してくれない)。なお、JT65-HFやJTDXではこのスタイルにも対応できるらしい。とは言え、相手がJT65-HFやJTDXを使っているとは限らないので、QSO機会を失わないためには使わないほうが良い思う。

ということで、無難なのは最初に挙げたこのスタイル。

CQ NP コールサイン GL

これは、Tx 6のメッセージのところに、直接「NP」を書き入れればOK。

なお、これを設定した後、QSOパーティ以外の通常のQSOを行う際には「NP」を消すのを忘れないように。実際のところ、7.074MHzでDX向けにこの「NP」付きでCQを出すという失敗をやらかしてしまった^^;

余談ながら、

CQ NY コールサイン GL

だと、ニューヨーク限定呼出みたいに取られてしまうかも。

名前と73

当初の予想通り、

OP 名前 73

で運用している方が多かった。これなら、お互いスムース。こんな感じで進む。

他には以下のスタイルも問題なくオートシーケンスが進む。

R OP 名前 73
RR 名前 73
OP 名前 TU 73
HNY OP 名前 73
OP 名前 HNY 73

これに対して、オートシーケンスが進まなくなるのは次の形式。

OP 名前 TU73
OP 名前 TU
RR OP 名前
OP 名前 HNY73

これだと、「RRR」を再送してしまう。つまり、「73」が単独で存在する(前に空白)形式でないとWSJT-Xは上手く処理できないようだ。他のソフトだと状況が違うかもしれない。

※オートシーケンスに頼らずにRRR送出後は手動で駒を進めておくと良い。下の【追々記】参照。

また、

UR NAME?

は実際に見かけた(自分では送信することはなかった)。

以上、デジタルモードでQSOパーティに参加した際の覚書。

補足

上記は、途中にも書いたように、WSJT-Xの動作について記したものであり、他のソフトだと違う動きをする可能性がある。WSJT-Xを使わなきゃダメとか、これに合わせろ、という意図で書いたものではなく、どのソフトでも問題なく動く「最大公約数的スタイル」で運用するのがQSOの機会を失うことがないので参考になればというくらいのつもり。もし、上記でカバーできていないものがあれば、コメントで教えてもらえると助かります。


【追記】

CQ NYP コールサイン

もニューヨーク呼出に解釈されている模様。FT8ではなく、JT65でモニタしたものだけど、次のようになった。


【追々記】

jh8jnfさんの下記のブログのコメントで情報交換させてもらった。

JT系モードのNYP向け備忘録
https://jh8jnf.wordpress.com/2018/01/03/jt%E7%B3%BB%E3%83%A2…

オートシーケンスに頼るのではなく、RRR送出後は手動でTx 5に進めて「OP 名前 73」を送信するようにしておけば、相手から「OP 名前 TU73」のような形式のメッセージが来てもRRRの再送は防げる。