LC100-A(LCメータ)を入手

LCメータの話。手元にNFJ 『LCFメーター』があるのだけど、これで測れるLの最小値が1µH。もっと小さなインダクタンスを測定したくて調べていたら、LC100-Aというのがあった。これは0.01µHから測れる。上は100Hまで。そんなに大きなインダクタンスを測ることはないと思うが…。ついでに、Cは0.01pF~100mF。キャパシタンスの測定範囲も広い。eBayで1,500円前後。

eBayでLC100-Aを探す

マニュアルもあった。
http://www.mpja.com/download/33374TE%20Users%20Manual.pdf

ちなみに、LC200Aというモデルもあるようで、こちらはケースに入っている。スペックを見る限りは同じようなので、ケース入りか否かの違いかな?あ、LC200Aの方はACアダプタも付いているっぽい。

eBayでLC200Aを探す

LC200Aのマニュアル。
http://www.chevron-e.com/lc/LC200A%20%20EN%20V5.0.pdf

ケースに入っていた方がいいけど値段が二倍くらい違う。ACアダプタはいらないし、素直に(?)ケースなしを発注。

到着。

本体の他に、テストリードとUSBケーブルが付属。

早速、測定。0.1、1.0、220µFを測ってみた。

うーん、なんだか、小さめの値が出る。

NFJと、もう一つCの測れるテスタ(MS8221C)で測ってみる。

他の写真は省略して、測定結果を表にしておく。

公称値 LC100-A NFJ MS8221C
0.1 0.075 0.097 0.095
1.0 0.89 0.95 0.96
220 196 195 195

※単位はµF

220µFはどれも同じ値だけけど、0.1、1.0µFはLC100-Aは小さめの値になってしまうという結果。

続いて、Lを測定。47µH、100µH、100mH、それに、以前、トロイダルコアに巻いたもの。

同じく、NFJでも測ってみる。MS8221CはLは測れないので省略。

公称値 LC100-A NFJ
47µH 39.51 42.07
100µH 89.56 88.77
100mH 108.1 93.64
トロイダル 120.2µH 116.8

うーん、何とも微妙。まぁ、Cほどはズレていない?

値段が値段だけに、こんなものかなぁ。まぁ、目安にはなる。

それから、LC100-Aの改造記事があった。

LC100-A LC Meter Mods
http://vk4ghz.com/lc100-a-lc-meter-mods/

やっている内容は、DCジャックからの電源にレギュレータを入れたことと、液晶のバックライトの明るさ調整、それにゴム足。バックライトは確かに明る過ぎるので改造したい。が、可変にする必要はなさそうなので、適当な固定抵抗に入れ替えるかな。気が向いたら。

ちなみに、LC100-A、Amazonにもあった。高いけど。


【追記】

上記の改造記事、液晶のバックライトの輝度ではなく、コントラストだった。どういうわけか読み間違えた。バックライトが明るすぎるのが気になっていたからだろう、ってことで^^;

改造記事にあるのは、この抵抗。

1kΩが付いている。試しに4.7kΩに変えてみたらものすごく見えづらくなった。今のところ、コントラストでは不満を感じていないので、1kΩに戻した。

さて、では、バックライト。パターンを辿ってみると、ここに電流制限抵抗が入っている。

値は100Ω。これを変えればいいのだろうけど、場所が狭い。あいにく、普通のリード付きの抵抗しか手持ちにはないので上手く収められそうにない。

代りに液晶モジュール側の方を探してみた。

このR9、0Ωが付いている。試しに1kΩに変えてみたらちょっと暗すぎかな。ということで、330Ωを付けた。

そして、もとに戻してビックリ。

DCジャックに当たりそう。ぎりぎり当たってはいないのだけど。このままでも実用上は問題ないか。どのみち、電源はUSBコネクタの方を使うし。ということで、これで良しと。