WSJT-Xの ! と ~

WSJT-XのBand Activityウィンドウに表示される国名は、これまでは「!」が付いていたけど、「~」というのが出てくるようになった。

マニュアルを調べたら、未交信国か既交信国かを表しているとのこと(
DXCCなので「国」ではないが、ま、便宜上)。

!  Default color bright purple: New DXCC entity

~   Light pink: You have already worked this DXCC entity but not this station

  Green: You have previously worked the calling station

他に何もつかない(背景は緑)のもあって、それは既交信局だそうだ。

そもそも、まだWSJT-Xを使って交信したことはないのに変だなと思ったけど、これは、昨日、JT_Linkerをインストールした際にダミーのログファイルを作った影響だろう。ちょうど其時使ったのがU.S.A.の局のデータだったし。

JT_Linkerをインストール ~ WSJT-XとTurbo HAMLOGとの連携
JT65等の運用前準備はまだ続く。 ログをTurbo HAMLOGに記録したい。さすがに手動入力ってことはないだろう。JT_Linkerと...

WSJT-Xのメニューを見たら、Erase wsjtx_log.adiという項目があったので、これでログファイルを消去しておこう。

これをやってログディレクトリを確認したら、本当にファイルそのものがなくなっていた。中身が消される(からのファイルができる)かと思ったのに…。JT_Linkerが文句言うのかなぁ。ま、そしたらそのときまた考えよう。

これで既交信扱いは解消されるかと思ったのにさにあらず。

相変わらず、U.S.A.の局はピンクで~表示される。しかも、緑の行がある。昨日の局、また今日も見えたのね。それはそれで感動。

この現象は、多分、WSJT-X起動時にログデータを読み込んでいて、ログファイルを消しても内部データは消えないのだろう。ということで、WSJT-Xを再起動したら、無事、U.S.A.の局も未交信扱いになった。

スポンサーリンク