ConoHa WINGへの移行 ~ ドメイン設定でつまづく

ブログ移行先のレンタルサーバとしてConoHa WINGへの契約を行ったので、続いて移行作業。

ブログトラブル 新規書き込みができない ことの発端は、先月(2020年5月)の連休明けの頃。新規記事の投稿ができなくなってしま...

ドメインをConoHaに設定しようとしたが…

まずは、ConoHaの管理画面でドメインを設定する。もちろん、まだこの時点ではDNSは変更しない(ブログ自体は、これまでのサーバで稼働したまま)。

ちなみに、ConoHa WINGの管理画面は、Z.comのそれに似た雰囲気。挙動も似ている。

管理画面で「新規ドメイン追加」としてこのドメインを「保存」。ところが、エラー。

「すでに使われている」とはどういうこと?

エラーの原因と対処案

他のいくつかのドメインで試してみたところ、登録できるドメインとできないものとがある。どういうことかわからないので、ConoHaのサポートに問い合せた。

問題は、そのドメインをZ.comで使っているため

それで判明したのは、Z.comのDNSに登録されているとConoHaへは追加できないということ。確かに、他のドメインでもConoHaに追加でいなかったものはZ.comに登録しているものだ。Z.comもConoHaも、どちらもGMOインターネット株式会社のサービス。ネームサーバがどこかで変な(?)つながり形をしているんだろうか?

ドメイン情報の整理

ここで一旦、jh4vaj.comのドメイン設定を整理。

【レジストラ】

お名前.com(GMOインターネット)

【ネームサーバ】

お名前.com(GMOインターネット)

  • 01.DNSV.JP
  • 02.DNSV.JP
  • 03.DNSV.JP
  • 04.DNSV.JP

【DNS設定/お名前.com】

jh4vaj.com.          NS         お名前.comのDNS(01.dnsv.jp等)
jh4vaj.com.          A           さくらのレンタルサーバ
jh4vaj.com.          AAAA     さくらのレンタルサーバ
jh4vaj.com.          MX         さくらのレンタルサーバ
www.jh4vaj.com.  CNAME   Z.com WP

【DNS設定/Z.com】

@                       A          さくらのレンタルサーバ
@                       AAAA    さくらのレンタルサーバ
@                       MX       さくらのレンタルサーバ
www                   A          Z.com WP

しかし、こうやって書き出してみると、かなりグチャクチャだな。

グチャグチャなのは、このサイト、一番最初はさくらのレンタルサーバで動かしていた名残。http://jh4vaj.com/ は「さくら」で、http://www.jh4vaj.com/ (Z.com WP)に301リダイレクトしている。メールサーバは「さくら」のままで運用。

整理した方が良さそうだけど、それはともかく、Z.com WPでサイトを運営するためには、Z.comのDNSに当該ドメインを設定しなきゃいけないので、ここはどうにもならない。Z.comのDNSを使わないで済めばいいのにと思うが、そうするとSSL証明書を受ける際に問題になりそうだからしょうがないか。ConoHa WINGでの運用でもドメインを設定しなきゃいけないのはそう言うことだろう。

Z.comからドメインを削除できるか?

話を戻して、Z.comに当該ドメインが設定されているからConoHaに登録できないということはわかった。そのため、まず先にZ.comのDNSからこのドメインを削除し、ConoHaに追加して上記の内容をConoHaのDNSに設定し、お名前.comでネームサーバをConoHaのものに設定するようにとの提案。

なるほど、確かに、そうすればスッキリする。

しかし、それはZ.com WPで挙動が不明なので大いに不安。Z.comでサイトを残したままDNSから当該ドメインを削除できるのがわからない。多分大丈夫だろうが、万一のことがあると非常に困る。かと言って、Z.com側に問い合わせるのもなんだかなぁ、という話題だし。GMO社内の話なんだからなんとかして欲しいと思うが…。

一時ドメインを使って移行する案

「社内でなんとかする」という提案はなかったけれど、別の案を提示してくれた。

  1. 一旦、ConoHa WING上に別ドメインで移行する。
  2. WordPressの動作を確認する。
  3. 一時ドメインのWordPressを本来のドメインにコピーする。これには、ConoHa WING内のサイトコピー機能を使う。
  4. Z.comからドメインを削除する。
  5. DNS周りの設定をConoHaに向ける。

確かにこれなら行けそう。サイトのダウンタイムも短くできそうで、いい手だとおもう。

というわけで、別のドメインに移行(サイトコピー)してみよう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク