1:9 UNUN、6回巻きを試す

前回の7回巻きで完成したつもりになっていたFT114-43を使った1:9 UNUN。

前回、1:9 UNUNの巻数について検討した。 この検討結果に基づいて、巻数を減らす方向で実験してみる。 巻き方はベタ巻き(三線平...

コメントで「6回巻きも見たい」と。実のところ自分自身でも気にはなっていたのだけど、面倒なので「完成」ということにして封印していたが、そうリクエストされたらやってみない訳にはいかない^^

ちょっと長くなるので、結論から書くと、7回巻きよりも6回巻きの方が成績が良かった。面倒だと思っていたけど、やったかいがあった。きっかけを下さったjh8jnfさん、ありがとうございます。

調子に乗って、5回巻き、4回巻きとやってみたところ、5回巻きでは高い方が若干改善されたが、低い方が案の定悪化。4回巻きでは低い方は予想通りさらに悪化し、高い方は改善されるかと思ったらそうでもなかった。

ということで、FT114-43での1:9 UNUNは6回のベタ巻き(三線平行巻き)がベストと結論付ける。

また、やはりケースに入れると特性が悪化する。それでも、1.8~29MHzは実用域だとは思うが。50MHzではどうするのがいいのだろう?#61材ならいけるのかな?耐電力は小さくなるが、小型コアを使うと線路長を短くできるので良さそう。

さらについでに、元々のバランキットに付属のNXO-100でも、6回巻き、5回巻きを試してみた。トリファイラ10回巻きで3.7MHzあたりで良い特性を示し、ベタ6回巻きで14~29MHzで良いということから、6~12回巻きで目的の周波数に合せて巻くという使い方が良さそう。

しかし、このアナライザ(SARK100)がアホなのか、インピーダンズ37+j0がSWR 1.09と表示されている。50 / 37 = 1.35のはずだけど。計算はこれでいいと思うが…。SWR表示がおかしいのか?複素インピーダンズ表示がおかしいのか?それとも、両方おかしいのか…。

以下、測定結果。

6回巻き。

ft114-43_6_6_l

ft114-43_6_6

5回巻き。

ft114-43_7_5_l

ft114-43_7_5

4回巻き。インダクタンス(の写真撮影)は忘れたようだ。

ft114-43_8_4

6回巻き再び。先程のは、5回、4回の測定のためにほどいたので。
ft114-43_9_6_l

ft114-43_9_6

ft114-43_9_6_case

NXO-100 6回巻き。

nxo-100_1_6_l

nxo-100_1_6

NXO-100 5回巻き。

nxo-100_2_5_l

nxo-100_2_5

周波数(再掲)FT114-43
ベタ巻き 7回
新規巻直し
FT114-43
ベタ巻き 6回
FT114-43
ベタ巻き 5回
FT114-43
ベタ巻き 4回
MHzSWRIMPSWRIMPSWRIMPSWRIMP
1.8
1.0148+j01.0746+j01.1644+j01.3739-j12
3.71.0048+j01.0047+j01.0346+j01.1543+j0
7.11.0048+j01.0048+j01.0047+j01.0846+j0
10.11.0048+j01.0048+j01.0048+j01.0746+j0
14.11.0047+j01.0048+j01.0048+j01.0847+j0
18.11.0045+j01.0047+j01.0048+j01.0948+j0
21.01.0044+j01.0047+j01.0048+j01.1049+j0
24.91.0043+j01.0046+j01.0048+j01.1250+j0
29.01.0642+j01.0246+j01.0347+j01.1551+j0
51.01.9241+j301.4849+j201.3650+j171.4366-j16
周波数(再掲)FT114-43
ベタ巻き 6回
FT114-43
ベタ巻き 6回
巻直し
FT114-43
ベタ巻き 6回
ケースへ実装
MHzSWRIMPSWRIMPSWRIMP
1.8
1.0746+j01.0746+j01.0246+j0
3.71.0047+j01.0047+j01.0047+j0
7.11.0048+j01.0048+j01.0047+j0
10.11.0048+j01.0048+j01.0046+j0
14.11.0048+j01.0049+j01.0043+j0
18.11.0047+j01.0048+j01.0041+j0
21.01.0047+j01.0148+j01.0140+j0
24.91.0046+j01.0448+j01.0539+j0
29.01.0246+j01.0946+j01.0937+j0
51.01.4849+j201.6255+j261.4252+j17
周波数(再掲)FT114-43
ベタ巻き 7回
新規巻直し
(再掲)FT114-43
ベタ巻き 7回
ケースへ実装
FT114-43
ベタ巻き 6回
巻直し
FT114-43
ベタ巻き 6回
ケースへ実装
MHzSWRIMPSWRIMPSWRIMPSWRIMP
1.8
1.0148+j01.0047+j01.0746+j01.0246+j0
3.71.0048+j01.0047+j01.0047+j01.0047+j0
7.11.0048+j01.0046+j01.0048+j01.0047+j0
10.11.0048+j01.0045+j01.0048+j01.0046+j0
14.11.0047+j01.0042+j01.0049+j01.0043+j0
18.11.0045+j01.0140+j01.0048+j01.0041+j0
21.01.0044+j01.0538+j01.0148+j01.0140+j0
24.91.0043+j01.1037+j01.0448+j01.0539+j0
29.01.0642+j01.1838+j01.0946+j01.0937+j0
51.01.9241+j302.16151+j01.6255+j261.4252+j17
周波数NXO-100
トリファイラ
10回巻き
NXO-100
ベタ巻き
6回巻き
NXO-100
ベタ巻き
5回巻き
MHzSWRIMPSWRIMPSWRIMP
1.8
1.4442-j163.7215+j205.3910+j16
3.71.0050+j01.9834-j242.6325+j25
7.11.2340+j01.3849-j171.6744-j25
10.11.5531+j01.2153+j01.4252+j17
14.12.0023+j01.1053+j01.2755-j14
18.12.5018+j01.0352+j01.1856+j0
21.02.8616+j01.0050+j01.1454+j0
24.93.4414+j01.0048+j0
1.1053+j0
29.04.2912+j141.0046+j01.0951+j0
51.0>10188-j2381.4141+j12

1.4952+j20
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. JH8JNF/1 より:

    おお、お疲れ様でした。これで6回で改善されてなければ申し訳なくて…

    ケースに入れて悪化するのは、多分コアから両側のターミナルへの配線、そこから外側でダミー用の抵抗に行っている線の長さか、あるいは間隔が変わることでインピーダンスの乱れが出ているせいではないかと想像します。
    実際に使う場合はコアからターミナルの間の長さもエレメントに込みになるのでさほど問題無さそうにも思いますが…

    良い実験データを見せていただきました。

    • jh4vaj より:

      ケース内部の配線に関しては、裸で測定していたものよりも切り詰めています。ですので、ダミーロードへの配線が長くなるのが大きいのだろうと想像しています。しかし、実際にアンテナを取り付けてと考えると、確かにそこはエレメントですから、実害はなさそうですね。

      さて、そろそろアンテナを上げなくては^^;