WSJT-X 2.1.0-rc7がリリースされた

基本的には、rc6でのクラッシュの問題を解消したものの模様(Omni-RigでのCAT制御の問題解決も含む)。

下は、公式ページの当該部分のキャプチャ。

F4の仕様変更等はない。Windows 64-bit版での受信レベルが100%になってしまう既知の問題ものそのまま。

また、こちらは、掲示板のWSJT-X 2.1.0-rc7のリリースを伝えるスレッド。

スポンサーリンク
スポンサーリンク