トラ技、NanoVNA特集の補足みたいな話

トランジスタ技術 2022年7月号の特集はNanoVNAです。この中の第1部のNanoVNAを実際に使って色々測定してみるの話を執筆しました。

トランジスタ技術 2022年7月号

トランジスタ技術 2022年7月号

900円(02/05 20:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

NanoVNAは本体で操作する他にPCに接続してそちらから利用することもできます。そのためのソフトウェアとしてNanoVNASaverも紹介しました。

ただ、特集記事ではできるだけNanoVNA本体だけで操作できるようにと思い、PCを使っての操作は簡単な範囲に留めいています。本ブログではNanoVNASaverについて書いた記事も結構あります。

NanoVNA、S-A-A-2、LiteVNA、および、それによる測定などの主だった記事一覧。 基本的な本体操作方法はNanoVNA...
" target="_blank">こちらに一覧があります。

https://www.jh4vaj.com/nanovna#NanoVNASaver

NanoVNA-Appという別のソフトウェアもあります。執筆をかなり進めた段階でこのソフトウェアを知ったので、紙面では触れていません。かなり使いやすいと思います。紹介記事は

LiteVNAのサイトを見ていて見つけたNanoVNAをPCで使うためのソフトウェア。ざっと使ってみたところ、なかなかいい感じ(NanoV...
" target="_blank">こちらです。

https://www.jh4vaj.com/archives/32813

それともう一つ。

抵抗やコンデンサなどを測定する際に使用した治具は、以前から頒布している

NanoVNAのケースを作った際に、「余った土地」を利用してLやCを測定するアダプタと簡易キャリブレーションキットを作りました。 ...
">こちらです。必要でしたらどうぞ(数に限りはあります)。

https://www.jh4vaj.com/nanovna-opt