CQ誌とQEX誌(2022年3月)

今度のCQ誌とQEX誌はどちらも面白そう。

まず、CQ誌。

CQ ham radio 2022年3月号

CQ ham radio 2022年3月号

900円(05/25 13:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

Amazonから目次を引用(特集のところだけ)。

特 集:「アパマン・ハム最新事情」
~ 集合住宅でアマチュア無線 ~

コンパクトで効率の良いシステムで快適運用を目指そう!
■ アパマン・ハムのためのシャック構築術
限られたスペースを最大限に生かしたい
■ アパマン・ハムの実用アンテナ・ノウハウ
ベランダ展開アンテナの頼れるパートナー
■ アパマン・ハムのチューナ活用
アパマン・ハムに役立つ
■ インターフェアの傾向と対策
共同住宅からアマチュア無線
■ 本誌記事に見るアパマン・ハム事情

これはアパマンじゃなくても参考になりそう。

続いて、QEX誌。

別冊CQ han radio QEX Japan No.42

別冊CQ han radio QEX Japan No.42

1,980円(05/25 13:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらの目玉は、「JAIA 技術委員会頒布の基板で作る 144MHz帯 20W リニア・アンプ」。これは、昨年のハムフェア2021で講演されるはずだったもの。ハムフェア自体が中止になったので講演は行われなかったが、映像と資料が公開されている。JAIAのサイトから辿れる。

QEX誌に掲載されているのは、そのリニアアンプの製作記だろう。

ちなみに、CQ誌の方では、その基板とパーツセットのプレゼント企画をやっているらしい。

CQ ham radio/QEX Japan 合同企画 JAIA技術委員会提供
■ JAIAmp-144T20プリント基板と部品セット プレゼントのお知らせ

「CQ ham radio/QEX Japan 合同企画」とあるので、両誌にその案内があるのかな?

発売日は明日なので、チェックしてみよう。

下は、Amazonからの画像(リンク)。