ロングワイヤのエレメントを補修

アンテナの調子がなんだかおかしいと思ったら、ワイヤが切れていた。こないだの大風のせいだろう。以前、エレメント長を短くしたり長くしたりといろいろやったので、そこで切れてた。機械的に不連続なところはやはり弱い。本当はワイヤを交換した方がいいのだろうが、とりあえず、応急措置的につないでおく。

屋外なので、糸ハンダをテキトに巻きつけて日で直接炙る。被覆がちょっと焦げるけど、ま、しょうがない。

ハンダ付け部に力がかからないように結んでおいた。しかし、ハンダ、きれいには流れてないな。自己融着テープを巻いていたのだけど、ちょっと水が染み込んでいたみたい。切れた片側がちょっと黒ずんでいたので5cmくらい切ったんだけど、不充分だったか(もう片側はきれいだったので、そっちにはハンダがちゃんと流れている感じ)。やっぱり、ワイヤは交換した方が良さそう。そう言えば、これ、被覆は赤だったんだよな。すっかり色が抜けてるが。

とりあえず、また自己融着テープを巻いて応急措置終了。動作は問題ないみたい。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク