WSJT-X 2.0-rc5、JT65モードでのLog QSOがバグってる ~ ひょっとしたら仕様?

WSJT-X 2.0-rc5、JT65でQSO終了後、ログ情報の時刻がおかしい。

1337のCQからQSOが始まり(こちらから見たら1338から開始になるのかな)、1348の73送出で終了。

しかし、Log QSOの画面ではStartもStopも13:48:00(同時刻)。Start時刻が正しく記録されない。

つい先日もこういうことがあり、「なんか変だな」と思いつつ、手動で修正して記録した。しかし、再び起きたということは、プログラムのバグだろうと思う。このときのモードは「JT9+JT65」。JT9での動作は未確認。FT8モードではこのトラブルは起きない(Start時刻もきちんと記録される)。


【余談】

QSOのシーケンスを見ると、こちらからはレポートを送っていない。相手が最初にR-08と、「R」付きのレポートを送ってきたため、単純にそれをダブルクリックしたので「RRR」を送出してしまった。QSOが終ってから気づいた。先方が最初にR付きポートを送信したのはJTDXの問題らしい。


【追記】

この現象、だいぶ前からあったそうだ。FT8ばかりやっていたので、気づいていなかった。

かなり以前からこうなっているのであれば、それはバグではなくて、きちんとした意図を持った仕様なのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク