WSJT-X 2.0、LoTWユーザデータ取得エラーの解決方法

WSJT-X 2.0-rc4で、起動時に「Error Loading LotW Users Data」が生じる問題、解決方法がわかった。

※注: WSJT-X 2.0正式版でも同様。

起動時だけではなく、設定画面のColorsタブで「Fetch Now」しても、同じエラーが起きる。

その解決方法。ちゃんとドキュメントに書かれていた。

Quick-Start Guide to WSJT-X 2.0
http://www.physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/Quick_Start_WSJ…

5ページ目の後半に、「LoTW Download Errors」という項目がある。ざっくりまとめるとこんな感じ。

  • OpenSSLをダウンロードせよ
  • インストール時のオプションはすべてデフォルトで
    • Windowsのシステムディレクトリにインストールすべし(これもデフォルトの設定)
  • この方法を使わない(使えない)場合は、Webブラウザで当該ファイルをダウンロードし、WSJT-Xのディレクトリに入れればOK

ということで、最も安直な方法は、最後に書かれているWebブラウザを使って目的のファイルを持ってくる方法。rc3をインストールした際にこの問題が起きたときには思いつきでそうやったけど、それは正しかったようだ。このままでもいいのだけど、ファイルの更新も手動になってしまう。

ということで、OpenSSLをインストールする方法をやってみる。

ダウンロード先は、上にもある通り、こちら。

https://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html

開いたページのダウンロードリストの下から二番目の「Win32 OpenSSL v1.0.2p Light」をクリックしてダウンロードする。

「デフォルトでインストールせよ」ということなので難しくはないが、手順を参考にするならこちらのサイト。

この通りでもよいのかもしれないが、「Windowsのシステムディレクトリにインストールすべし」とのことなので、そうした(つまり、デフォルトのまま)。

設定は以上。

これでWSJT-X 2.0-rc4を起動してもエラーは起きなくなった。インストールディレクトリを確認したら、lotw-user-activity.csvファイルがあった。WSJT-Xが上手くそれをダウンロードできたということだろう。

「OLD_~」の方は、rc3をインストールしたときに手動で持ってきたもの。ちょうど一カ月ほど前。一カ月で35KBほど増加していた。


【オマケ】

64 bit OSであっても「Win32 OpenSSL v1.0.2p Light」の方を持ってこい、と書かれているのにもかかわらず、最初、なぜかうっかりWin64の方を持ってきてしまっていた。インストールしてもWSJT-Xのエラーが消えないのでおかしいなと調べて気づいた。図らずも、Win64の方では上手く動かないことを確認した結果となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. JM1TEN より:

    同じエラーが出て困っていました。
    大変参考になりました。ありがとうございました。

    • jh4vaj より:

      役に立ってよかったです。ログを見てみたら、一年くらい前に一度つながっていますね。また、よろしくお願いします。

  2. JH4AWD より:

    またまたVAJさんの情報にお世話になりました。
    無線に復帰してからやってることがVAJさんの後を追っかけているような気が・・・
    FT8、面白いですね。

    • jh4vaj より:

      あちこちのバンドに出ています。
      感覚的に多いのは、30、17、20、40mバンドです。
      見えておりましたらよろしくお願いします。