NanoVNA、ファームウェア0.8.0がリリースされた

新しいファームウェアが公開された。

リリースノートを引用。

  • Add format Quality Factor
  • Fix label R+Xj to R+jX
  • Add bandwidth command
  • some fixes

また、今回のリリースは、スイッチサイエンスでの販売を記念してとのこと。

この販売ページによれば、「edy555さんからの受託販売商品です。製造はhugen79です。」とあるので、公式と考えて良さそう。また、大型版のNanoVNA-H4もある。

さて、それはそれとして、手元のNanoVNAに新しいファームウェアをインストールする。まずは、本体で、CONFIG / →DFUでDFUモードに移行。

久しぶりだけど、バッチファイルを作っているので一発。詳しい手順などはこちらの記事で。

NanoVNAのファームウェアの新しいものが出ていたので、アップグレードしてみる(現時点では、0.3.1-20191021)。 画面のキャ...

バッチファイルの中身は上のページで示したものそのあま。なので、実質一行。

dfu-util.exe -d 0483:df11 -a 0 -s 0x08000000:leave -D ..\build\ch.bin
PAUSE

フォルダの場所など、完全に決め打ち。

このあとは、念のため、TOUCH CAL / TOUCH TEST / SAVE。そして、キャリブレーション。

試し測定。

今回追加されたbandwidthコマンドは、DISPLAYの中にある。

が、利用方法がわからない…。とりあえず置いておこう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク