2m FT8で初2エリア ~ 飛行機反射か?

自作のI/Fボックスのおかげで2mのデジタルモードにもQRVできるようになり、テストを兼ねてこないだからちょくちょくワッチしている。手前味噌ながら、このI/Fボックスだと、無線機の外部スピーカジャックを潰すことになっても、I/Fボックスで音声モニタできるので、非常に便利^^

話を戻して2mのFT8。見えるのは、大体は見通し距離内の数十km圏内の局で、QSOもできる。ときどき遠くの局ともQSOできるのだけど、それはおそらくは相手の標高が高いとかそういう条件なんだろうと思う。

そんな中、ちょっと不思議なのは100km越えの静岡の局が時々何局か見えること。PSK Reporterで見ると、こちらの信号のレポートも上っている。ということは、QSOできるに違いないと思うのだけど、これが実際のところはなかなかつながらないでいた。

そういう状態がずっと続いていたが、先程ようやくつながった。こちらのCQに応答してくれた。

GLでは同じPM95だけど、互いに端の方なので100kmを越える。こちらは、送信出力約7W+J型アンテナ。

SNRの変化が大きいし、ウォータフォールからも信号強度が大きく変化していることがわかる。直接派とか、反射波・回折波ならこんなにおおきなQSBにはならないように思う。ひょっとしたら、これは飛行機反射?そう考えるとときどきしか見えないのも頷ける。

ということで、この時間の飛行状況をflightradar24でチェックしてみる。

反射してくれたのはANA647か?それとも相模湾上空の機体か?

飛行機反射によるFT8って聞いてはいたけど、実際にできるのは面白い。


2mで初の愛知。詳細まではわからないけど、名古屋付近。 飛行機反射かもしれないけど、受信できている間にSNRに大きな変化はなかった...
スポンサーリンク
スポンサーリンク