WSJT-X 2.1.0-rc6がリリースされたが、rc5のFT4と互換性なし

WSJT-Xの公式サイトを見に行ったら、2.1.0-rc6が出ていた。

注意事項が朱書きされている。当該部分をキャプチャした。

これによれば、rc6でのFT4は送受の時間が7.5秒、帯域幅は80Hzに変更されたそうで、以前の版との互換性がなくなっている。ドキュメントはまだだけれど、間もなく用意するとのこと。

rc5で広くリリースしてそのフィードバックを受けてのことだろうが、まさかrc版で仕様が変更されるとは…。よっぽどのことがあったんだろうな。デコード率の悪さをなんとなく感じていたけれど、これで改善されるのかな?

思うに、送受切替時間が6秒だったものを7.5秒に延ばしたのは、通信速度(ボーレート)を落としたのではなかろうか?そう考えるとやはりデコード率の向上を狙ってなのかなと。それは嬉しいことだけれど、こりゃまた変更届か?GA(正式版)は予定通りリリースされるんだろうか?とりあえず、少なくとも、ドキュメントがリリースされるまでは様子見。

それから、Known Issuesによれば、64-bit版で起動時に受信レベルが100%になってしまう問題はまだそのまま残っているそうだ。


【追記】

先のWSJT-X 2.1.0-rc6リリースの記事に対して、「ファイルがなくなっている」とコメントを頂戴した。 WSJT-Xの公式ページに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. JH4AWD より:

    6秒が7.5秒は結構大きいですね。
    デコードの確実性は上がるのでしょうが。
    私も様子見です。

  2. JH4AWD より:

    ファイルが有りませんね。
    嫌な予感・・・