釣竿アンテナ用釣竿が届いた

釣竿アンテナ用として売れられている釣り竿(笑

15mはさすがに長過ぎ。

もっと短いのもあった。

ということで、7.8mのを注文したら、案の定(?)ほとんど空気な箱がAmazonから届いた(笑

rod_01

早速、伸ばしたりして遊んでみる。マトリョーシカみたいだ。

rod_02

伸ばしたところで、グィッと引っ張ると止まる。なるほど、全体的にテーパーが付いているらしい。釣りやっている人なら当たり前なんだろうけど、初めて見るので何かと面白い。

調子に乗って遊んでいると、早速壊れた^^;

rod_03

途中で引っ込まなくなった…。安いだけがとりえみたいなことが書かれていたのは、こういうこと?

rod_04

そうこうしているうちに、手元の終端(というのかな?)がネジ蓋になっていることに気づいた。外して中身を出してみたら…

rod_05

細いのが二本パラになって太いものの中に食い込んでいる。これじゃ縮みようがないわな。

rod_06

引っかかっていたものを取り出して、組み直したら、無事、元通りになった。構造的に、適当に縮めるとトラブルになるので、縮める際は太い方から一段ずつってことだな。

しかし、これって、安物ゆえの欠陥?それとも、釣竿ってこんなものなの?

アンテナ用としてみた場合、先っぽの数段は細すぎてしなりすぎ。適当な太さのところまでを使おう。

【追記】
釣りで使うなら、道糸用のガイドをつけるので、それがストッパになって引っ込みすぎないようだ。
http://seawalk.blog.jp/archives/1051113023.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク