NanoVNA、予備機を調達したが…

NanoVNAの相場が下がってきた。キャリブレーションキット・同軸ケーブル付き、電池込み、シールド板ありと謳っているもので、送料と合わせてUS$32程度(ケース付きのモデルはもっと高い)。ということで、予備機として一台調達。前はeBayで購入したが、今回はAliExpressで(単純に安かったので)。

いつの間にかeBayは撤退した模様。残念。 なんと、eBayやAliExpressで買うと、楽天スーパーポイントがもらえるという方法があっ...

3月5日発注、19日着。結構早い。配達記録扱い。

前回のものと比べて、ケースが違う。写真、下が今回のもの、一見スリムだけど、その分、分厚くなっている。なお。上の写真では、前回のものは自作のケースに取り替えており、付属品は入れていない。また、今回のものは(も)NanoVNA本体はビニル袋に入っていたが、それは外している。

電源投入。

NanoVNA-Hのロゴに、ファームウェアは0.4.0。そこそこ新し目。

しかし、物理的に問題が。レバースイッチがグラついていておかしい。ちょっといじっていたら、外れた…。

即、Open Dispute。何度かのやり取りで返金してくれることになったけど、「まずはdisputeを取り下げて、PayPalアカウントを知らせろ」と。以前、そう言う業者の要請に応じたらトラブったことがあったので、今回は拒否。「AliExpressの通常の方法で返金してくれ」と突っぱねた。向こうからは、「対応している返金手段はPayPalだけ」と言ってきた。

そして、AliExpressの介入。結局、返品不要の全額返金。もちろん、PayPalではなく、通常のルートで。

しばらくして、返金されていることを確認。これについては、一件落着。しかし、レバースイッチが壊れているの、どうする?まぁ、レバースイッチがなくても使えるけど。

さて、中身。

前回のものと比較。上が前回のもので、下が今回のもの。

  • バッテリの容量が大きい(600mA)
  • バッテリはコネクタで接続
  • バッテリ電圧検出ダイオード実装済み
  • シールド板の形状が違う
  • 基板が違う(前回のものは、バッテリの下に「NanoVNA V3.1」の印字あり)

もうちょっと細かく見ていく。

この部分、部品の実装が明らかに違う。部品番号もまったく違っている。左が前回、右が今回。

シールド板の固定方法も違う。前回(上)は長辺だけで基板に固定されていたが、今回(下)は四辺すべてが基板に固定されている。シールド板の中はまだ見ていない。

続いてケース(上下パネル)。

前回は上下ともに薄い基板だったが、今回は下だけは厚手の基板(一般的な厚さの1.6mmだと思う)。色はつや消し黒。

印刷されたQRコードが全然違う。前回のもの(上)は公式サイトと思しきページが開くが、今回のもの(下)はこんなのが。

なんじゃ?

それからネジ。

前回は低頭ネジ(右)だったが、今回は皿ネジ(左)。

試しに、430のホイップアンテナ。

NanoVNA本体を手で持った状態でこんな感じ。それらしく測れているっぽい。


レバースイッチは秋月で発見。

たぶん、これ。最初に手に入れた白トカゲ版と同じ形状。

二台目はこっちの形状。

見た目の印象と違って、この方が操作しやすい。

高いものじゃないので交換したいけど、まずは、上手く外せるか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 槇塚智 より:

    今晩は
    突然失礼します。OMの投稿を勉強させてもらってる者です。
    私もnano-VNAのレバーSWが破損して、交換しました。
    大陸から10パック入りを購入したのが残っていますので、
    御入用でしたら郵送します。
    細やかな、タヌキワッチのお礼です。

    • jh4vaj より:

      ありがとうございます。秋月にありそうなので、今度何か注文する際に一緒に購入しようと思っています。ですので、お気持ちだけ、ありがたく頂戴いたします。今後とも、どうぞよろしくお願いします。