TS-690入手

三アマに受かったし、無線を再開するならやはりHF機が欲しくなる。昔は、トリオのTX-310、JR-310という3.5~50MHz機を使っていた。相当古いものだけれど、どういうわけかHF帯だけでなく、50MHz帯も使える面白い機種。全バンドで運用したけれど、最初に7MHz帯で運用を始めたこともあり、メインは7MHz帯だった。当時は電話級(現在の第四級)だったので、ずーっとSSBだけ。

そういうことを思い出しつつ、ヤフオク!を眺めてみたら、ケンウッドのTS-690Vというモデルが目に入った。これもHF~50MHz帯対応、10W機。昔の電信級とは違って、第三級アマチュア無線技士では50Wまで出せるようだけど、ハイパワーにはさほど興味はないし、値段も手頃だったので、試しに入札してみたら、あっさり落札できてしまった。ビックリ。

届いたので、早速開封。

TS-690内部

いや、本当に、開けてビックリ。銘板は10W機のTS-690Vだけれども、オプションが色々入っている。HF帯100Wファイナルモジュール(PA-450)、455kHzのCWクリスタルフィルタ、アンテナチューナ。これが最初からわかっていたら、とてもじゃないけど、あんな安値では落札できなかったはず。50MHz帯のファイナルは最初のままの10Wだけれども、これ以上望んだらバチが当たる。

よく調べずに手に入れたので、情報を集める。

取扱説明書(JVCケンウッドの公式サイトから辿れる)
http://manual2.jvckenwood.com/

工事設計書の記入について
http://www.kenwood.com/jp/products/amateur/kouji/hf_allmode_…

このページによれば、次のようなモデルがあったようだ。

TS-690V : HF 10W, 50MHz 10W
TS-690D : HF 25W, 50MHz 25W
TS-690S/50 : HF 50W, 50MHz 50W
TS-690S/100 : HF 100W, 50MHz 50W

入手したのは、TS-690V + PA-450なので、HF 100W、50MHz 10Wと、上記の既成モデルのどれとも一致しない構成。

TS-690 service manual
https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=ts+690+service+manual

TS-690 フロントエンド交換(混変調対策)
http://ameblo.jp/t-poti/entry-11974354616.html

TS-690の改良?
http://www.2333.net/~ji3kdh/weblog/archives/2005/04/ts690.ht…

TS-690混変調対策やってみた
http://jr0gfm.rogumi.net/archives/1076

KENWOOD TS-690 パワーが不安定
http://blogs.yahoo.co.jp/asa226_com/12619656.html

TS-690Sにコリンズメカニカルフィルターを取り付ける
http://jr0gfm.rogumi.net/archives/912

TS-690中波帯改造
http://www.blues-pisces.com/radio/TS-690/TS-690_adapt_1/TS-6…

TS690/450故障と修理
http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

TS-690D修理完了
http://phoenix-design.at.webry.info/201108/article_2.html

TS-690の修理
http://www.takatoki.justhpbs.jp/maddo/syuri/syuri.html

TS-690 2台目
http://blog.goo.ne.jp/jr4gpa/e/4bd1d7819e7c62df36aff076e9194…

TS-690Sの修理
http://je8kgh.exblog.jp/11076718

TS-690の改修
http://www.2333.net/~ji3kdh/weblog/archives/2011/11/ts-690.h…

TS-690D 音がでない
http://jf3dri.tea-nifty.com/blog/2015/03/ts-690d-7daf.html

TS-690V PLL まさかのアンロック!
http://ameblo.jp/t-poti/entry-11977179930.html

TS-450/690/850
http://blogs.yahoo.co.jp/osamu_1961/folder/1057102.html

追記:
時折、「TS-690 ゼネカバ改造」と言ったキーワードでこのページにたどり着く方がいらっしゃるようだ。しかし、TS-690は元々ゼネカバ受信できる。改造は不要。中波帯の感度アップの改造はあるようだけど。あるいは、「ゼネカバ送信」の情報を調べていらっしゃるのだろうか?そういうこともできるようだけど、個人的に興味がない。

この無線機(TS-690V + PA-450、50W改造)の保証認定顛末記はこちら。
http://www.jh4vaj.com/archives/134

コメント

  1. JH4WBY より:

    はじめまして。岡山市在住の中年ハムです。最近はオールJAのCW部門以外電波をだしていません。
    TS690は懐かしいですね。1995年くらいまでコンテストでJAトップをとっていたかたのメインだったこともあるものです。(値段的に複数所持可能というのがおおきかったのかもしれませんが)。おおきいアンテナをつなげるとアッチネータいれっぱなしにしなければならない、というのが発売当時の評価でしたが、いまだといかがでしょうか。

    • jh4vaj より:

      コメント、ありがとうございます。コールサインを拝見するに、ほぼ、同時期の開局ですね。私は、開局後、実質的に数年間活動しただけですので、TS-690など言う無線機はものすごく新しく感じます。記憶にある範囲では、TS-120が出たあたりが最後です。FT-7が出て、TS-120が出て、「ついに、HF機もオールトランジスタか」、といったあたり。ですので、TS-690が当時と比べてどうかという評価はできません。もっとも、それ以前に、まだ実戦投入していないというのもありますが。なかなか、もろもろ片付かなくて^^;
      ぼちぼちやっていきますので、また、見に来てやって下さい。