新しい免許状、到着 ~ FreeDVサブモード追加

1200MHz帯の指定を間違えてしまっていた免許状、ようやく、修正が終って新しい免許状が届いた。

無事、3SAになっている。

今回は、途中、補正依頼が来たので少々時間がかかった。指摘内容は「変調方式、終段管、定格出力も入力するように」という内容。付属装置を付けるだけで送信機本体は何も変らないのでいらないだろうと思っていたのだけど。理由を尋ねるよりも入力した方が早いので、すぐに出した。

以上、これで一月からの一連の変更は完了。

なお、この機会にFreeDVのサブモードも追加しておいた(従来のものを700Dに読替え、700C、1600、2020を追加)。「FreeDV 申請パック」を参考にさせてもらった。感謝します。

これを含めた諸元表はこちら。

付属装置諸元(PDF版)

付属装置諸元(LibreOffice版)

それから、「記載事項に変更がない場合にも新しい免許状が発行されるのか」がときどきTwitterで話題に上るが、これについては「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite からのお知らせ」として来るメールに明確に記載されている。

■ 審査終了後の流れ
 免許状の記載内容に変更が生じる場合等において、免許状等の交付が行われます。
 免許状等の交付にあたって免許状等の郵送を希望する場合には、管轄の地方局あてに返信用封筒を送付していただく必要があります。なお、免許状の記載事項に変更がない等届出のみの場合は対応不要ですので、ご自身の申請をご確認ください。

今回の私の申請は電波の型式が変るので、当然、新しい免許状が発行されるわけだけど。

ちなみに、同封されていたパンフレット。啓蒙ってことで(多分、怒られないだろう)。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク