TS-690のCATのPTTはマイクも有効

WSJT-Xの設定を眺めていてふと思った。

「あれ?なんでPTT MethodをCATにしていないんだっけ?」

CATでつながっているので、PTTもCATでいけるはず。わざわざCOMポートを使ってPTT制御する必要はない。

実際、PTT MethodをCATにしてもちゃんと動作する。

しばらくして気づいた。というか、思い出した。CATでのPTTだとマイクも有効になるんだった。マイクがつながっていると、FT8とか送信しながら周りの音も送信してしまうことになる。意図せぬノイズが載ってしまった状態。

だからデータ送信用のスタンバイ端子(ACC2の9(PKS))を使ったんだった。これだとマイクからの音は遮断される。下は、TS-690の取説からの引用。

WSJT-XでCATのPTT制御を使うならマイクは外しておくべき。

過去の自分は他人。ちゃんと考えてやってたんだけど、すっかり忘れている。