BNC L型コネクタをNanoVNAで測ってみた

以前、こちらの記事を見かけて自分が持っているBNCのL型変換コネクタはどうなんだろうと気になっていた。随分前に購入したものなので、どこで手に入れたかは忘れた。

「手持ちのものをそのうち測ってみよう」と思いつつだいぶ経ったが、思い出したのでNanoVNA-H4で測ってみた。

黄がSWR、青がレジスタンス、赤がリアクタンス。緑はスミスチャート。500MHzでSWRは1.2強(補足: 上の写真ではグラフがきれいに見えるのはスイープ上限周波数が600MHzで測定したため)。

この結果がいいのかどうかわからないので、比較として、「BNC-P – BNC-P」+「BNC-J – BNC-J」の二段接続のものも測定(「BNC-P – BNC-J」は持っていないので)。

こちらだと500MHzでSWR 1.1くらい。二段重ねなのに、L型一つよりも良い。手持ちのL型はあんまり良くないってことみたい。まぁ、「安かったから買った」とかだと思うので。

キャリブレーションの状態はこちら。記録として。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク