RFワールド No.56 – RF関連自作特集の続き、そして、休刊…

RFワールド No.56を購入。今回の特集は、前号の続き。

特集の「製作による無線・高周波の実践体験III」が面白そうなので、購入。 この特集は執筆者さんのツイートで知った。 ...

続きなので、「第8章」から始まっている。

第1部は、機能単位でモジュール化した基板を組み合せて測定器を作る話とか、それを応用してアンテナアナライザや受信機、さらに、トランシーバへと展開したり。基板の頒布も行うそうだ。

第2部は、YouLoop(アンテナ)の製作・検証。

特集はここまで。

特設記事でLibreVNAの試用記。6GHzまで対応しているVNA。PCと接続して使うタイプ。著者はNanoVNAの開発者さん。

TinySAの試用・評価の記事。これも前号からの続き(後編)。

Si5351の使い方。特集第1部の「ミニRFフィルタ・チェッカ」でも使われているクロックジェネレータIC。NanoVNAなどでも使われているチップ。解説はVNシリーズトランシーバの作者さん。もちろん、VNシリーズでも使われているチップで、その開発から得られたノウハウを詰め込んだ実用的な記事。

そして最後に、休刊のお知らせ…。

今号はこちら。

前号はこちら。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク