TClockでWin10アニバーサリ対策

前の記事の通り、Windows 10アニバーサリアップデートによるトラブルの一つで、TTClockが使えなくなった。

いろいろ調べた結果、別ツールのTClockでは、アニバーサリアップデートに対応しているとのこと。早速インストール。これで、日付、曜日、時刻(秒)が表示できるようになった。

tclock

良かった、良かった。

と言うか、振り返ってみれば、Windows 7の頃はTTClockを使っていたんだけれど、Windows 10にアップグレードしてTTClockが動かなかったものだから、TClockに乗り換えた。これが、アニバーサリアップデートで逆転し、TClcokは対応されたけど、TClockは今のところ対応されていないって状況。

TClock系ソフト x64(64bit)/ Windows Vista, Windows 7 , Windows 8 , Windows 10 対応について
http://www22.atpages.jp/tclock2ch/x64.html

TClockLight
https://github.com/k-takata/TClockLight/releases

TClock Light のヘルプ
http://homepage1.nifty.com/kazubon/tclocklight/help/ja/


余談。

いろいろ調べている最中、Windows 10では(Windows 8.1あたりから?)、標準でタスクバーに日付と時計を同時に出している説明を見つけた(ただし、時計は分まで)。結構あちこちにあるが、例えばこのサイト。

Windows 10 – タスクバーの操作と設定
http://taizanweb.com/webtech/windows10/taskbar.php

ところが、私の環境ではどうやっても時計だけで日付が一緒に出てくれない。散々悩んだ結果、わかったのは、時計の設定ではなく、タスクバー自体の設定だということ。

taskbar_setting_01

こんな風に「小さいタスクバーボタンを使う」をオンにしていると時計しか出ない。オフにすれば日付も一緒に出るのだけれど、文字通り、大きいボタンになってしまうので、表示できるボタンの数が減る。ついでにタスクバーの高さも高くなる。そんなの全然嬉しくない。ということで、TClockを導入した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ai より:

    「どうやって元系だけで」
    「どうやっても時計だけで」