【結果】 VHF FT8 ISS反射チャレンジ

こないだ提案した国際宇宙ステーション反射通信を実際にやってみた。

2019年7月16日20:45(JST)頃から東海・関東上空をISS(国際宇宙ステーション)が通過する。 このタイミングに合せてISS...

Twitterを使って呼びかけたこともあって、結構多くの方が参加してくださった。

こんな感じで、とても賑やか。

しかし、結果は残念ながら、いつもよりも遠くに届いた形跡は見つからなかった。

それから、PSK Reporterでanyoneの条件で調べてくださった方のツイートがこちら。

また、6m FT8でチャレンジした結果を先の記事へのコメントで頂いた。こちら。

2019年7月16日20:45(JST)頃から東海・関東上空をISS(国際宇宙ステーション)が通過する。 このタイミングに合せてISS...

残念ながら、ISS反射は確認できな方とのこと。

他にもTwitterで情報を数名の方から頂いた。しかし、非公開アカウント(鍵付きアカウント)の方なので掲載はしない(引用しても表示されない)。

話がそれるが、「PSK Reporterでanyoneという指定ができるんだ」と知って、さかのぼって調べたのがこちら。

海外に届いている方がいらっしゃる!日本から伸びているパスは、すべて同じ局。つまり、一局だけ。06:41 GMTなので、日本時間なら15:41。この時間帯に一瞬だけ開けたのだろうか?それとも、それこそ人工衛星反射?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. JN1XNI より:

    レポート遅れました。昨夜は私も6mのFT8で参加していましたが残念ながら普段と変わらずご近所さんのみの反応でした(笑) 15mHの6エレ八木を沖縄に向け、出力30Wで実施しました。

    ISSの飛行ルートのほとんどが海上でチョット条件悪かったかな。もしISSで反射したとして電波がどの範囲に散乱するのかも分からないですよね。飛行ルート上の沖縄県の局がもし聞いていてくれたらと期待していたんですがそれもダメでした(笑)

    今まで6mで飛行機反射通信を経験しての感想ですが、反射した電波が落ちるのはやはり飛行ルートの下です。しかも割りとピンポイント。静岡市あたりとの通信では駿河湾上空を飛行、仙台市あたりとの通信では福島県から名取市あたりを飛行している場合が条件良かったです。飛行機ではやはり高度がある程度無いと難しく、水戸市あたりとも飛行機反射で通信できますが、オープンしている時間が短く、呼ぶタイミングが難しかったです。

    ただ飛行機は高度10Km程度なのに対し、ISSは400Km前後と高度差は歴然ですよね。この高度差に期待するのは当然かもしれません(笑)。そこで7/19 19:52の飛行ルートなんてどうでしょう? 日本を横断する飛行ルートです。関東からは厳しいかもですが九州や東北ならルート下には地上が多い感じすが(笑)

    • jh4vaj より:

      前回のチャレンジは残念な結果でしたね。あの飛行ルートでは、電波が真上に上がって真下に降りてくるくらいの状況を実は期待していました。それでも、いつもよりは多少遠くに届いたらいいなと。

      もし反射してくれていたとしても、とんでもないところに言っていたんでしょうね、おそらく。

      19日(今日ですが)19:52の飛行ルートも、面白そうだなと思っていました。時間の都合が微妙なんですが、なんとか合えば、トライしてみるつもりです。

      ISS 2019年7月19日 19:53

      • JN1XNI より:

        19:52 条件は一緒でトライしてみました。
        新潟と福島から反応はありましたが、いつもと同じレベルの反応ですね。
        なかなか難しい(笑)

        • jh4vaj より:

          その時間はまだ帰宅できずに逃してしまいました。残念。

          しかし、実際のところ、VHF FT8 ISS反射通信は現実的ではないようです。EMEをやってらっしゃる方から、(別記事への)コメントでいろいろと教えていただきました。

          http://www.jh4vaj.com/archives/12176#comment-563

  2. JH4AWD より:

    こんばんわ。
    私も19日19時55分から50MHz FT8で、今度は受信のみでトライしました。
    で、明らかにISS反射では無いですがちょっと面白いスペクトルが記録出来たので貼っておきます。
    中央左側の信号は19時57分30秒から2分間ほど受信しました。
    100Kmほどの距離の局でした。(-10dB位でデコード出来ました。)
    アンテナは北東向けでこの局は南東方向でしたからGWは入るか入らないかの状況。
    普通の信号と違うのは
    ・周波数偏移が100Hz程度ある事
    ・時間とともに下側の周波数が10Hzくらいづつ低いほうへずれている事
    ・それに比べて上側の周波数はあまり動いていない事
    航空機反射でのドップラー効果ってどの程度あるんでしょうかね?