tinySA、TOUCH CALに失敗したらシリアルで

tinySAのタッチパネルのキャリブレーション中に、うっかり画面の全然関係ないところにペンが触ってしまって失敗。その状態でキャリブレーションされてしまうので、二度とまともにタッチパネルが使えない。キャリブレーションし直したいけどタッチパネルが使えないのでそれもできない。さて、困った。

そう言えば、USBケーブルでPCにつなげば、シリアル端末として見えるはず。

無事つながったので「help」と打ってみたら「touchcal」というコマンドが見つかった。これに違いなだろうから、早速実行。

tinySA本体画面にはTOUCH CALの画面が表示された。

これで無事、タッチパネルのキャリブレーションをやり直せた。

実行後のシリアル端末の方はこんな画面。

やれやれ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. JH4AWD より:

    私はnanoVNA F V2で同じ事を経験しました。
    ちょっと焦りますね。
    Command Lineが使えると本当にありがたい。

    • jh4vaj より:

      タッチキャリブレーションの失敗は「使い物にならなくなった…」と絶望感がありますね。シリアルでなんとかなるかもと思いついて良かったです。