ELECROWに発注してみた

Fusion PCBで追加料金(または、スロット削除)と言われた基板、そのままでELECROWに発注してみた。以前、同様なものをELECROWで作ってもらたことがあるので。

ELECROWも一番安いコースは$4.9(5、または、10枚)。以前は基板色が緑だけがこの値段だったけど、今回見てみたところ、緑以外も赤・黄・青・白・黒も$4.9に値下げされていた。こういう競争は大いに歓迎。紫とツヤ消し黒は安くないが、これはFusionも同様。

ELECROWでは$1/3枚みたいなキャンペーンはやっていないので、普通に各5枚で。

基板代はELECROWもFusionも同じ$24.50だけど、送料が違う。FedExの場合、ELECROWは$22.65(3-7営業日)だけど、Fusionでは$19.99(4-8営業日)。しかし、ELECROWだとさらに安くて速いOCS/ANA Express $19.78(2-3営業日)があるので、迷わずこれを選択。

さて、期待通りに製造してくれるかな?


【追記】
すでにガーバーファイルをチェックしてくれていたようで、(五つの内)一つに表面ソルダマスク層が入っていないという指摘のメールが入っていた。週末にもかかわらず、仕事が早い。確認したら、KiCadからのプロットの際、別の層に間違ってチェックを入れていた。他の四つは大丈夫だった。早速、当該基板のガーバーファイルを作り直してメールで送っておいた。


【続き】

先日、Elecrowに発注した基板、発送した旨の連絡が来た。 ラベルにある手書きの数字、基板の枚数だろうか?そうすると、5枚&time...
スポンサーリンク
スポンサーリンク