CQ誌に寄稿

ひょんなことから声がかかり、CQ Ham Radio 2017年10月号に寄稿させてもらった。

別冊の「これからでも楽しめるHFバンド」に、カムバック・ハムのJT65入門記というタイトルで掲載されている。まぁ、言ってみれば、このブログに書いたJT65関連記事をまとめ直したようなもの。ブログの記事は一つのトピックについて書いていくだけだけど、それを一つの話としてまとめるのは流れを考えなきゃいけない。「ネタはブログにあるので」と思って、あまり難しく考えずに話を受けたものの、実際にやってみたらけっこう大変だった。

しかし、こうやって実際に刷り上がったものを見ると、やっぱり嬉しい^^ こんな機会、そうそうあるものでもなかろうし。

ブログへのコメント、あるいは、Twitterでアドバイスいただいたりと、沢山の方々に支えてもらっている。大変ありがたいことだ。これからもよろしくお願いします。

ちなみに、この別冊、IOTA、SOTAと、聞いたことはあるけどよく知らなかったものの記事があり、興味深かった。また、この夏大いにDXが盛り上がった6mbのJT65の記事もあった。あれ?6mbってHFだっけ?ま、細かいことは置いておこう。メーカ製リグだとHF+50MHzは普通になってるし。

それから、本誌の方も特集が「国内交信から海外交信まで HF通信の無線機構築ノウハウ」。うーん、どうして別冊と分けたんだろう?ま、このあたりも置いておこう。「話題のデジタル・ニューモード”FT8″オペレーション・ガイド」という記事もあった。ソフトのインストールから書かれているので、JT65をやったことがなくても、これを参考に始められそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク