LoTWとeQSLにちょっと楽にアップロードする方法

ログをLoTWとeQSLにアップロードする際、それぞれ別々にやるよりもちょっとだけ楽な方法。

まずは、アップロードするADIFを用意しておく。これがないと始まらない。

続いて、eQSLのアップロード画面と、TQSL(LoTWのアプリケーション)のログ操作画面の両方を開く。

上の図では、左がeQSL、右が TQSLのの画面。TQSLの「ログに署名し、LoTWに自動的にアップロード」ボタンを押す(TQSLでの通常の手順)。

エクスプローラが立ち上がるので、アップロードするADIFがあるフォルダを開く。

エクスプローラの画面からADIFを掴んでeQSLのアップロード画面の「ファイルを選択」ボタンの上にドロップする。これで、eQSLにアップロードするファイルが指定される。

「Upload」ボタンを押す(通常と同じ手順)。

アップロードされる。

eQSLに続いて、先程、TQSLから開いたエクスプローラに戻り、ADIFのアイコンをダブルクリックする(もちろん、ファイルを選択して「開く」ボタンを押しても良い)。

あとは、TSQLでの通常の手順で進める。

以上でおしまい。

流れとしては、TQSLでの署名作業中に、eQSLへのアップロードが割り込む形。ちょっとのことだけど、結構楽になる。

なお、Webブラウザの「ファイルを選択」ボタンへのファイルのドロップができるのはChromeやFirefox。Safariでも多分大丈夫。IEやEdgeではできない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク