JT9がデコードされた

先日、「JT9がデコードされない」という記事を書いた。

このときは、TS-690のフィルタの設定は次のようにしていた。

8.83MHz: 6kHz
455kHz: 6kHz

6kHzの帯域があれば、JT65からJT9の範囲は充分カバーできるはずだから。

でも、試しに、

8.83MHz: Trough
455kHz: 12kHz

にしてみたところ、WSJT-XのJT65+JT9モードでJT9がデコードできた。

このときは、三つのJT9信号のデコードができている。

何でだろう?たまたま?6kHzのフィルタとは言え、通すと(帯域内でも)信号が劣化する?

本当は、フィルタの帯域を変えて調べたかったのだけど、残念ながら、このときはこの後はJT9らしき信号が見えなくなった。続きはまたそのうち。

スポンサーリンク
スポンサーリンク