Gawantもどき – 110cmロッドアンテナなど

一旦終了したつもりのGawantもどきの実験、タイミングよく(?)、発注していた110cmのロッドアンテナが届いた。

上がこれまで使っていたCB用ロッドアンテナ(149cm、センタローディング)で、下が今回届いた110cmのロッドアンテナ。実測で、BNCコネクタを含まずに110cm。長さが短いが、それだけではなく、重量も随分違う。計ってみたら、CB用の方が100gで、100cmの方は40gだった。CB用の方はゴツくて取り付けるのが不安だったが、こちらは軽くて安心。

では、こちらの110cmロッドアンテナを付けて測定。カウンタポイズはなし。

ローバンド側。

ハイバンド側。

なかなかいい感じ。

ついでに、ロッドアンテナ単体で広帯域スキャン。3~30MHzまで、100kHzステップで。

27MHz付近でSWRが5くらいまで下がっている。なんだろう?

この際だから、長いものでも測ってみる。カウンタポイズの実験で使ったヘッドフォン(ケーブル長360cm)。

測定時は、もちろん、ケーブルを伸ばした。こちらもカウンタポイズはなし。

ローバンド側。

ハイバンド側。

全体的にはい良いのだけど、24MHzでどうにもSWRが落ちない。調べてみると23.5MHzや26.5MHzでは落ちるが、その間の25MHz前後が落ちてくれない。

エレメント長によって苦手な周波数があるようだ。とは言え、なんでもアンテナに使えて面白い。

ヘッドフォン単体での広帯域スキャン。

Gawantもどきのマッチングボックスと組み合せた状態ででSWRが落ちてくれなかった25MHz付近、ケーブル単体ではR分が上昇していることが分かる。

調子に乗って受信用に軒下に張っている(貼り付けている)ワイヤで試してみる。長さは不明だけど10m以上はあるはず。

ローバンド側。

ハイバンド側。

このワイヤでは、ハイバンド側での14MHzが良くなく、また、28MHzが苦手なようだ。

以上、手近ないろんなものでGawantもどきを試してみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク