CB用ロッドアンテナを修理

Gawantもどきの実験で使っていたCB用ロッドアンテナが破損。BNCコネクタからロッドアンテナ部が抜けてしまった。

どうやって固定されているのか不思議だったんだけど、何と、芯線のピンにはんだ付けされているだけだったようた。で、はんだ付け不良だったのか、抜けてしまったと。

参ったなぁ、と思いつつ、絶縁用の樹脂部を回したら外れた。これはねじ込み式だった。

なるほど、この樹脂部品で芯線のピンを押さえる構造か。

しかし、そのピンが抜けないと話にならない。はんだ付け部がどんな具合に収まっていたのか、樹脂部品を付けずに差し込んでみる。で、抜いたらピンごと抜けた(笑

あっさり、ピンを取り外せた。

これなら直せる。

まずは、ロッドアンテナ側に樹脂部品をはめ込む。グイッと奥まで。

で、ピンをはんだ付け。

後は、ねじ込み式なので、そのままねじ込めば完成。

と思ったら、今度は、先端のキャップが抜けた(笑

こっちは単に被せてあるだけのようだ。かなりきついが、無理しない範囲で叩き込んで終了。また抜けるようならエポキシで固めるかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク