RSP1A、SDRuno

RSP1A

SDRのRSP1Aを購入した。購入先は、日本正規再販店の(有)アイキャスエンタープライズ。SDRplay社(英国)に発注すれば本体は安いけど送料が高い。日数もかなり掛かるだろう。そう考えると、国内での購入はメリットが大きい。

この前に「RSP1」というモデルがあったようで、それとの大きな違いはADコンバータが14ビットになったことみたい。

さて、RSP1A、国内だし在庫もあったため、すぐに届いた(レターパックで)。

内容物は、RSP1A本体、USBケーブル、保証書など。オマケでHPFを入れてくれていた(NanoVNAで特性を見たら、中波帯カットのフィルタだった)。

NanoVNAとサイズ比較。

開腹はどうしようかと思ったけど、開けてみた。

ケースはプラスチックだけど、内側にはシールド目的の導電塗料が塗られているとのこと。

ケース内部に銅箔テープを貼ったという例も見られる。

いずれやってみるかなぁ…。ともかく、今はそのままフタを閉めた。

RSP1Aのマニュアルはこちら(SDRplay社)。

PCとの接続はUSBケーブル一本だけ。自動認識される。

SDRuno

RSPシリーズには専用のSDRソフトウェア「SDRuno」が用意されている。日本語のマニュアル類がアイキャスさんのサイトにあり、助かる。

以下、実際に受信してみた様子。

放送

中波

短波

FM

エアバンド

アマチュア無線

3.5MHz帯 SSB

7MHz帯

CW

夜中の静かな時間帯だったのであまりいない。

SSB

改めてにぎやかな時間帯で。CWもたくさんいる。

FT8

WSJT-Xと接続してデコードしてみた。

SDRunoとWSJT-Xの接続は、安直に外付けのUSBオーディオインタフェース経由で直結。PCの中で仮想的につなげるとスマートなんだけど、そう言う仮想オーディオ・インタフェースを持っていないので、物理的手段で解決。

SDRunoのAFの通過帯域(フィルタ)を広げたらスッキリした。

430MHz帯 FM

まとめというか、感想というか

SDRuno、高機能すぎて使いこなすのは大変そうだけど、操作自体は割と簡単。ただし、起動にかなり時間がかかる。うちの環境の問題なのかなぁ?

HF帯の感度はRTL-SDR V.3よりもずっといいという印象。当り前か。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク