LPF 430の改善を試みる

前の実験で、430MHz用LPFのVSWRが芳しくなかった。計算値よりもLの値が二割近くも少ないのが原因かと考えたので、Lを大きくしてみる。

前の実験では1.5回巻き。これを2回巻きにしてみる。使っているコイルは出来合いのもので、1.5、2.5、3.5、4.5回巻きのものが手元にある。この内の2.5回巻きのものをほどいて2回巻きにする。これで、NanoVNAでの測定で概ね24nH。計算値に近いものとなった。

早速測定。

VSWRのボトムは下がったけど、周波数がズレている。通過させたい430MHz帯のロスも大きくなってしまった。単純に、低い周波数(Fc=300MHzあたり)のLPFになったって感じ。

ということで、結局ダメ。難しいなぁ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク