NanoVNAで抵抗の高周波特性を測る

※ここでの測定結果は正しくない。被測定物のリード線の影響が大きいことがわかった。ということで、測定をやり直した。

コイル、コンデンサに続いて、抵抗の測定もやり直した。 前回のものはこちら。 このときの測定では、高い周波数ではL/C測定アダプタの影...

以下、検討(というか、悪あがき)の記録として残しておく。


NanoVNA用LC測定アダプタを色々いじっていて、アダプタ上のダミーロードを使った測定ではHFかせいぜい50MHz位までしか使えないことがわかった。

NanoVNAケースのオマケとして作ったLC測定アダプタ。あまり上の方の周波数では使えないだろうとは思っていたけれど、やはり、できれば上の方...

これは基板上のパターンの引き回しの問題もあるだろうけど、抵抗の特性による影響もそれなりにあるんじゃないだろうか?抵抗値の調整は螺旋状の溝を切って行っているらしいし。要するに、コイルになっているってこと。

上の図は、 http://akizukidenshi.com/download/ds/faithful/mf.pdf から引用したもの。

ということで、実際に測ってみる。

使うものは、自作NanoVNA用LC測定アダプタのタイプ2。一緒に作ったキャリブレーション用アダプタを使ってキャリブレーションを実施(100Ωのチップ抵抗を二つ載せている)。

測定物は100Ω 1%の金属皮膜抵抗。中国の通販サイトで使ったもの。二本を並列にして50Ωで測定する。

あらら、思った以上にひどい。と言うか、この特性がモロに効いているんだな。HFかせいぜい50MHzくらいまでしか使えないっていう理由として。「少しは影響があるだろう」と想像していたけど、ここまでとは驚いた。10nH以上もある、立派なコイルだ。

なお、グラフの薄い色のものはキャリブレーションに使ったダミーロード自身を測定したもの。自分自身を測っているのでVSWRはべったり1.0になって欲しいところだけど、上の方ではそうもいかない。でも、600MHz位までならそれなりにアテにしていいんじゃないだろうか?

ついでに、秋月で購入した小型のものも測ってみる。

こちらは、先程よりも少しいい。小型な分だけ有利なんだろう。とはいえ、五十歩百歩。

ということは、アダプタ上のキャリブレーションでも、チップ抵抗を使えばだいぶマシになるんじゃないだろうか?


リード線が無視できないらしい NanoVNAで抵抗の高周波特性を測る記事を書いたところ、リード部品のリード線だけでもかなりのインダクタンス...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク