秋月の430ホイップは1200で使えるか?

秋月電子の430MHzホイップアンテナ「UH-561S」が1200MHzでも使えるらしいことを、以前どこかのブログで見かけたような気がする。改めて探しても見つけられなかったが…。まぁ、安いものなので、部品調達のついでに発注してみた(送料無料化のためでもあるがw)。

ということで、早速測定。

ハンディ機直付けを想定しているだろうから、アンテナアナライザ直付け状態で。

まず、430MHz帯。

スペック値(VSWR ≤ 1.5)よりはちょっと高いけど、まぁ、こんなものか。本体を手持ちすれば変動するし。

続いて、1200MHz帯。

こちらもこんなものか。こっちは、手持ちによる変化は少なめな印象。VSWRの値としては、ひどくはない。

では、使ってみる。比較対象として、DJ-G7付属ホイップ、h型2/3λヘンテナ

1200MHz帯のレピータにアクセスして、受信信号を比較する。

結果。

  • DJ-G7付属ホイップ: Sメータが1位。2がチラチラ。
  • UH-561S: スケルチが開く程度。Sメータの点灯はなし。
  • h型: Sメータが1位。2がチラチラ。DJ-G7付属ホイップとほぼ同じ。
  • 2/3λヘンテナ: Sメータが2位。1がチラチラ。

この簡単な実験結果からは、UH-561Sの1200MHzでの性能はDJ-G7付属ホイップよりもやや悪い程度。ついでながら、430MHzでは両者はほぼ同じだった。

DJ-G7付属ホイップよりもやや劣るとはいえ、この価格(税込み400円)で2バンドで使えるのなら、いいのでは?144MHz帯でも使えるともっといいのだけど、それはさすがに無理だった。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク