スプリアス確認届はH17/12以前の免許(保証)のものだけのようだ

JARDのスプリアス確認保証に関するQ&A(PDF)から引用。

jard%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%b9%e4%bf%9d%e8%a8%bc%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9

注目すべきは、この部分。

なお、スプリアス規格が改正された平成 17 年 12 月以降にアマチュア局
の保証を受けて、開設や増設を行った機器は、既に新規格の機器とみなさ
れていることから、スプリアス確認届の手続きは不要とされています。

つまり、これ以降に保証認定を受けてたものなら、自作機だろうが改造機だろうが、スプリアス確認保証の必要はないということだ。


その後、twitterでこの件についてフォロワさんと遣り取りをした。

で、結局、思うことをまとめると:

JARDが旧機のスプリアス状況の確認をした価値は認める。JARDが勝手にやったのか、お上がやらせたのかは知らないけど、やったことには価値がある。

また、そのテストの実施にはコストがかかっていることも理解する。ただ、これをもし飯の種にしようとしているのなら反感は買うだろう。

ここは、その測定成果は共有財産とした方がいいんじゃなかろうか?

例えば、再免許の際、一回に限り一律1k円徴収とか。ここで「一台あたり」とかやるとヤヤコシクなってしまうので、とにかく一律。不満も出るだろうけど、「公平」の尺度は人によって違いそうな気がするので、一律が無難だと思う。

とにかく、シンプルにやってくれ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク